# 業務効率化

(3153記事)

# 業務効率化のスペシャル(記事)

PR

# 業務効率化のイベント・セミナー

■□■──────────────────────────────■□■ ・体験型!オンラインワークショップ ・時間や場所の制約に縛られない「なぜなぜ分析」とは? ■□■──────────────────────────────■□■ 製造業において、トラブルやクレームの再発防止を目的とした「なぜなぜ分析」の実施は、既に多くの現場でも取り組まれていることと思います。 問題に対し「なぜ」と問い続け、真因を特定して最適な改善策を導き出すことは、現場生産性や顧客満足度を向上させるために今や欠かせない手法と言えます。 しかし、現場業務の多忙化や高度化に伴い、 「そもそもなぜなぜ分析を行うための時間が確保できない」 「必要なメンバーが集まらず、十分な分析が行えない」 「その結果、原因の掘り下げが不足し、問題が再発してしまう」 といったお困りごとを多くの企業から伺っております。 この課題を解決するためのソリューションとして、ナレッジボードによる「なぜなぜ分析」の実践をご提案します。 いつでも・誰でも・どこからでも、オンライン上の分析シートで問題の原因を掘り下げていくことで、時間や場所の制約に縛られず、抜け漏れなく原因分析を進めることが可能です。 本セミナーでは、この“いつでも・誰でも・どこからでも参加できるなぜなぜ分析”を、オンラインワークショップでご紹介します。ご参加の皆様には実際にナレッジボードをご利用いただき、オンラインでの「なぜなぜ分析」をご体験いただきます。 ※お申込みの皆様全員にナレッジボード「Accela K-Board」のログインIDを事前に発行いたします。 ※ナレッジボードへの書きこみを体験いただきますが、皆様に発言いただいたり、お顔を出していただくことはございません。

DX推進に際してデータの活用は大きなテーマのひとつです。日々の事業活動を通して生まれる膨大なデータを有効に活用できれば、大きなインパクトを事業にもたらすことは想像に難くありません。 そういった大きな便益が見込めるにもかかわらず、エンタープライズをはじめとする多くの日本企業が「どのように取り組めばいいのか」とデータ活用に際しての指針を決めきれておらず、具体的な手を打てていない現状があります。データ活用とは攻めのDXですから「現状に大きな問題は起きていない」という認識に立つ場合、取り入れる理由がなくなってしまうというのも大きいでしょう。 だからこそ、ある意味ではその現状認識こそがリスクであるといえます。現状維持を続けた先には、データ活用に成功したディスラプターによる市場の書き換えという、おそろしい未来があり得るのですから。 まず、自社の製品やシステムと顧客を近づけることからはじめましょう。 「どの製品がどのように顧客に届くのか」 「どのシステムがどのように使われているのか」 「どのエリアで問題が起きどのユーザーに影響がでているのか」 グラフデータベースを駆使することで、いままで見えてこなかった何かが見えてくるはずです。それはきっと、DX実現のために大きな役割を果たすことでしょう。

AI基礎解説
MaaSとは
有名企業の創業者

# 業務効率化のホワイトペーパー

# 業務効率化の動画

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました