• 会員限定
  • 2023/04/10 掲載

岸田政権の財源政策は“筋違い”? 今すぐ「法人税・消費税」増税を議論すべきワケ

連載:野口悠紀雄のデジタルイノベーションの本質

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
防衛費増額や少子化対策、高齢化に伴う社会保障費の増加など、日本はいま、さまざまな財政需要の増加に直面している。そのための税制改革が喫緊の課題だが、政府による議論は不十分である。将来を考えるなら、法人税の増税や消費税率の引き上げについて議論すべきだ。
執筆:野口 悠紀雄

執筆:野口 悠紀雄

1940年、東京に生まれる。 1963年、東京大学工学部卒業。 1964年、大蔵省入省。 1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを歴任。一橋大学名誉教授。
noteアカウント:https://note.com/yukionoguchi
Twitterアカウント:@yukionoguchi10
野口ホームページ:https://www.noguchi.co.jp/

★本連載が書籍化されました★
『どうすれば日本経済は復活できるのか』 著者:野口悠紀雄
購入サイトはこちら:https://www.sbcr.jp/product/4815610104/

photo
岸田政権が議論すべきは法人税と消費税の増税であるワケ
(写真:つのだよしお/アフロ)

岸田政権の最重要課題は「財源確保」

 防衛費の増額や少子化対策などで、財政需要が増えている。しかし、その財源をどうするかの議論は、ほとんど進んでいない。

 防衛費の増額については、国債に依存しないことが決められたが、具体的な税目の議論はまだ行われていない。2023年の夏ごろから議論が行われるだろう。少子化対策の財源については、政府が社会保険料を引き上げる検討に入った。しかし、この方向付けには問題が多い。

 また高齢化の進展に伴って、年金、医療、介護などの給付が増えることは避けられない。これに伴って、一般会計の社会保障費も増える。したがって、増税が必要だ。

 こうした問題に対処するために、どのような税制改革が必要とされるだろうか? これは、岸田政権が解決しなければならない、最重要で喫緊の課題だ。

消費税で激変した“日本の税収構造”

 1989年に導入された消費税は、日本の歳入構造に大きな変化をもたらした。それ以前は、日本の国家財政では所得税や法人税が主要な歳入源であったが、消費税の導入によって間接税の比重が高まった。この状況は、下の図に示されている。

画像
図:消費税の導入により、税収構造は大きく変化した
(財務省資料より筆者作成)

 1989年に消費税が導入された時、所得税、法人税の税収はそれぞれ20兆円程度だった。それ以来、2003年度ごろまで、法人税の税収は減少傾向にあった。また所得税の税収は、1991年度に26.7兆円まで増加したが、その後は2008年度の14兆円台にまで減少した。

 他方で、消費税の税収は増えた。最初は3%で導入された消費税の税率は、1997年4月に5%に引き上げられ、2014年4月に8%に、2019年10月に10%に引き上げられた。最近の年度では、消費税と所得税の税収がほぼ20~22兆円であり、法人税が10~13兆円程度となっている。

「社会保険を少子化対策に」という筋違い政策

 岸田内閣は少子化対策として、児童手当の所得制限撤廃や多子世帯への増額、育児休業給付の引き上げ、保育サービスの利用拡大などを行うとした。さらに、出産費用の保険適用や、学校給食の無償化も検討するとした。

 そして、2023年6月の経済財政運営の指針「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針)」までに、子育て予算倍増の大枠を示すとしている。

 政府内では、社会保険料に一定額を上乗せし、1兆円程度を捻出する案が浮上しているようだ。幅広い年齢層が加入する医療保険を軸に調整する。さらに、介護保険料を引き上げ対象とする案もある。

 しかし、社会保険はその名の通り、「保険制度」だ。だから、医療保険の場合にはその使途は医療費に限定されるべきだ。

 しかも、詳しくは後述するが、今後高齢化の進展に伴って、社会保険の財政自体がひっ迫することは不可避だ。それを少子化対策に使おうというのは、まったくの筋違いと考えざるを得ない。 【次ページ】「法人税」「消費税」の増税を検討すべきワケ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます