イベント・セミナーランキング

テレワーク環境の拡大で今や多くの企業で一般的に使われるようになった Microsoft 365 。 便利ではあるものの、従来と異なるデータの扱い方やセキュリティ対策に悩まされる運用管理者が多いのも事実です。 そんな中、話題のMicrosoft 社が発表した次世代AIによる仕事の副操縦士「Copilot for Microsoft 365」が2024年1月16日からは購入チャネルの追加や最小購入ライセンス数の撤廃などで、より多くの方に利用できるようになり、JBCCにも多くのお問い合わせをいただいております! 夢が広がる一方ですが、実は使う前に正しい準備ができていないと期待していた利活用ができない可能性があります。 例えば、Microsoft 365 の中に Copilot に必要なデータが蓄積されていなければいけません。 では、どんなデータを蓄積すればいいの?単にファイルを蓄積するの?蓄積されたデータはどう扱うの? 本セミナーではJBCCの Microsoft 365 プロフェッショナルの3名をお呼びし、「Copilot for Microsoft 365」利用に関して、よくお問い合わせが来る質問を直接お聞きします! その他にも Microsoft 365 を正しく運用するコツなどを語っていただきますので、 是非、ご参加ください!

■このウェビナーは、以下の方におすすめです 1.情報漏洩対策としてPC操作ログの収集を行いたい 2.PC操作ログを収集しているが、どのように活用すべきかがわからない 3.多数のPCから操作ログ収集を行うことでネットワークにかかる負荷が心配 4.操作ログを利用して情報漏洩の兆候検知を行いたい ■「PC操作ログ」に求められる役割と課題 クラウドサービスの利用増加に伴い、社内でのランサムウェア感染などによるセキュリティ事故は後を絶ちません。 こうしたインシデントを防ぐために、PC操作ログを管理するといった対策が取っている企業も多いのではないでしょうか? しかし、PC操作ログ管理のためにツールを導入しても課題が解決できずにいる企業が散見されています。 ■内部要因からの脅威(不正行為、人的ミス)への対策 内部の不正行為はビジネス機会の損失や社会的信用の失墜など重大な被害を引き起こすこともあり、喫緊な対策が求められますが、兆候の検知が難しく事後の対策になってしまうことが多々あります。 このようなインシデントを防ぐためにも、PC操作ログを活用することが可能です。 ■大企業で選ばれる「PC操作ログ」の管理とは! 本セミナーでは基本的な操作ログの役割、管理方法に加えて、具体的なPC操作ログの活用方法に加えて、IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」の特長と、効率的なPC操作ログの管理方法をご紹介します。 企業のセキュリティ対策としての操作ログの管理手法を知りたい方はぜひご参加ください。


処理に失敗しました

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました