開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • トップページ
  • ブロックチェーンがもたらす知られざる衝撃、「無人企業」が現実化しつつある

  • 会員限定
  • 2021/11/08

ブロックチェーンがもたらす知られざる衝撃、「無人企業」が現実化しつつある

連載:野口悠紀雄のデジタルイノベーションの本質

ブロックチェーンの利用が広がっている。ビットコインなどの金融領域での利用だけでなく、物流管理や登記などにも利用されている。ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いれば、管理業務を自動化できる。そのような組織をDAO(分権自律型組織)と呼ぶが、分散金融の世界では、それがすでに現実化している。

執筆:野口 悠紀雄

執筆:野口 悠紀雄

1940年、東京に生まれる。 1963年、東京大学工学部卒業。 1964年、大蔵省入省。 1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを歴任。一橋大学名誉教授。
noteアカウント:https://note.com/yukionoguchi
Twitterアカウント:@yukionoguchi10
野口ホームページ:https://www.noguchi.co.jp/

photo
ブロックチェーンは次々と従来のビジネスを変えていく
(Photo/Getty Images)

ブロックチェーンを利用した新しい金融の仕組み

 ブロックチェーンの利用が拡大している。日進月歩といってよい進歩だ。ブロックチェーンの応用範囲は非常に広いと考えられていたが、それが実現しつつある。これは、社会の基本的な仕組みに大きな影響を与えるだろう。

 金融面での利用としては、次のものがある。

 第1は、中央銀行デジタル通貨だ。あと数年すれば、通貨の世界は大きく変わる。「セキュリティートークン」は、有価証券や不動産などを裏付けとして発行されるトークン(仮想通貨)だ。

 ブロックチェーンを用いた保険もある。ブロックチェーンを用いて貿易金融を効率化する試みもなされている。

 さらに、「分散型金融(DeFi)」と呼ばれるものが拡大している。これは、仮想通貨の取引だけでなく、融資などのサービスも行うものだ。

物流をブロックチェーンで管理する

 物流の管理にも、ブロックチェーンが広く利用されている。

 物流の状況をリアルタイムで把握するのは難しい。特に、国際取引で海上輸送中のものなどはそうだ。ブロックチェーンで記録していくと、リアルタイムで正確な情報が得られる。

 サプライチェーンの管理に役立つだけでなく、商品の真正性を証明することにも使われる。こうしたサービスは、ダイヤモンドについて、2015年から、エバーレッジャー社によって提供されている。

 ウォルマートは、店頭にある野菜などの産地を証明できる仕組みを導入している。レタスの病気が発生した時、店頭商品の産地を消費者に伝える必要があったからだ。この確認に従来は数日を要したが、瞬時に商品を追跡できるようになったので、食品の汚染や中毒の拡散を防ぐことができる。

さまざまな情報をブロックチェーンに記録する

 現在、医療情報は各医療機関で管理されている。それをブロックチェーンに記録すれば、さまざまな医療機関での情報共有が可能になる。

 このような医療情報システムは、エストニアではすでに稼働している。また、コロナワクチンの接種済みを証明するニューヨーク州の「エクセルシオール」は、アイ・ビー・エムが開発したブロックチェーンで運営されている。

 スウェーデンは、2017年に、ブロックチェーンを用いて、土地・建物などの不動産や財産などの登録を開始した。

 2021年3月、オークションサイトであるデジタルアートが75億円で落札されたとして話題になった。ここで用いられているのは、NFTと呼ばれる仕組みだ。ブロックチェーンで作品が本物であると証明し、その購入者を記録して所有権を明らかにする(NFTとは、Non-Fungible Token:非代替性トークン)。

【次ページ】2種類のブロックチェーン

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!