ようこそゲストさん

  • トップページ
  • チャレンジャーバンクが顧客獲得をリード、巨大金融機関が苦戦するワケ

  • 会員限定
  • 2019/08/30 掲載

チャレンジャーバンクが顧客獲得をリード、巨大金融機関が苦戦するワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
フィンテックの始まりは金融の周辺サービスではなく、あらゆる領域に浸透してきている。海外では銀行機能を持つスタートアップが成長し、既存の金融機関もこの分野にかなりの投資をしている。しかし、資本の大きさだけでは雌雄は決さないようだ。「最前線」では何が見えているのか、初期からFinTechを見続けてきた筆者が解説しよう。

執筆:日本マイクロソフト 業務執行役員 金融イノベーション本部長 藤井達人

執筆:日本マイクロソフト 業務執行役員 金融イノベーション本部長 藤井達人

日本マイクロソフト エンタープライズ事業本部 業務執行役員 金融イノベーション本部長 藤井達人
IBMにてメガバンクの基幹系開発、インターネットバンキング黎明期のプロジェクト立上げ、金融機関向けコンサルティング業務に従事。その後、マイクロソフトを経て、三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション事業に参画し、フィンテック導入のオープンイノベーションを担当。「Fintech Challenge 2015」「MUFG Digitalアクセラレータ」「オープンAPI」などの設立を主導。また、MUFGコインなどブロックチェーン等の新規事業などの立上げも手がける。auフィナンシャルホールディングス 執行役員 最高デジタル責任者を歴任し金融スーパーアプリなどに携わる。現在は日本マイクロソフトにて、フィンテックを活用したデジタル金融サービスの創造に取り組んでいる。

photo
海外では、銀行機能を持つスタートアップが成長している
(Photo/Getty Images)

金融の周辺サービスから飛び出した「フィンテック」

 フィンテックの始まりは金融の周辺サービスに過ぎませんでしたが、いまや、あらゆる領域においてフィンテックが浸透してきています。また、株式市場に上場するフィンテック企業も増えています。

 2015年6月にスペインの大手銀行SantanderのCVCであるSantander Innoventuresが発表したレポート“The Fintech 2.0 Paper: rebooting financial services”では、「金融のコアインフラストラクチャとプロセスを改革するためには、フィンテックを内部に取り込む必要がある」という提言がなされました。

 現在、銀行を始めとする多くの従来の金融機関がフィンテックとの協働を積極的に進めています。金融機関とフィンテックとの資本業務提携や、フィンテック子会社を設立するケースも相次ぎ、前述のレポート中の“Fintech 2.0”の絵姿が実現されつつあると言えるでしょう。

 Fintech 2.0が金融機関のデジタル化だとすると、3.0(あるいは4.0?)はどのような展望となるのでしょうか?

 言葉の定義はさておき、フィンテックは「金融機関のデジタル化」の範疇(はんちゅう)をはるかに超え、あらゆる産業や領域において猛烈なスピードで浸透しています。金融サービスの進化の度合いは完全にインターネットベースに置き換わり、ドッグイヤー(IT業界の進化の早さを示す言葉)を基準とした苛烈な競争環境へとシフトしました。

海外では「スタートアップとしての銀行」が伸長

 「チャレンジャーバンク」という言葉をご存知でしょうか。スタートアップ企業であり、かつ銀行ライセンスを持つモバイル専業銀行を総称して指す言葉です。英国のモンゾ(Monzo)、ドイツのエヌ26(N26)などがその代表格です。

画像
ドイツのエヌ26(N26)のアプリはさまざまな機能を備える
(出典:筆者提供資料から編集部作成)

 米国のチャイム(Chime)など、銀行ライセンスを持たずにバックとなる銀行と組んで一連のサービスを提供する企業も増えています(こちらのタイプはネオバンクとも呼ばれます)。こうしたモバイル専業銀行は店舗を持ちませんが、銀行としての商品(貯蓄口座、決済口座、投資商品、ローンなど)を一通り提供しています。

 手数料などが従来の金融機関よりも低い、貯蓄口座の金利が高い、などの利点に加え、デザイナーやエンジニアの視点から徹底的に磨き抜かれた非常に滑らかなUI/UXを提供しているのが特徴です。また、初期ユーザーのターゲットを絞り込み、徐々に顧客層を拡大していく戦略を取っています。

チャレンジャーバンク
米国 SIMPLE、VARO、Empower、COGNI、Oxygen、chime、Moven、zero、Aspiration、JOUST
英国 monzo、Revolut、STARLING BANK、Atom bank、TANDEM、OakNorth
ドイツ N26、fidorBANK、solarisBank
ブラジル nu bank
香港 NEAT

チャレンジャーバンク
(出典:筆者提供資料から編集部作成)

 彼らのオフィスはITエンジニアリングに非常に適した造りをもちます。エンジニアが快適に仕事をできるスペース、ビジネス開発とデザイナーがコラボレーションできる創造的スペースなど、テックスタートアップそのもののアプローチであり、重厚長大な銀行サービスを作っている会社であることを感じさせません。

 もちろん、金融機関ですからお金を扱う部分はかなり慎重かつ堅牢に構築しつつ、ユーザー体験の部分に工夫を凝らして改善を繰り返すアプローチを取っています。チャレンジャーバンクは今や100万単位の顧客を獲得し、次のフェーズとして海外展開を進めているところです。

【次ページ】巨大金融機関がスタートアップに追いつけない理由

あなたの投稿

関連コンテンツ

【日本初】クレカ大手3社が「標準料率」を開示した理由、経産省と公取の狙いとは?

少し考えてください
日本で発行したクレジットカードを日本の加盟店で利用した売り上げに対して
なぜアメリカ等のブランドにインターチェンジフィーを支払うのですか?
これに気が付いた韓国は国を挙げてブランドに交渉をしてきました
日本ではブランドとの奴隷制度にのっとりこの契約を維持してきました
住友銀行とビザとの最初の契約が歴史的な奴隷契約でした
スマホで直接決済ができるようになり今がブランドとの契約見直しの
絶好のチャンスですがJCBはイシュアーとアクアリングをしてますが
会社にアクアリングの意識がないので本当のカードビジネスがわかっていません
是非今の皆さんでこの機会にブランドからの独自に日本のカードビジネスを創り上げるようにお願いします支払回数が1回ユーザー手数料が取れない年会費もない
決済代行会社もあり歴史を勉強して日本独自のカードビジネスをぜひ創り上げてくださいアメリカと比較しても解決にはなりませんユーザー基盤が違います
今がチャンスです
経産省も担当者が変わることで深い考察ができません
歴史は銀行がイシュアーになれず新しく銀行の下にカード会社を創ったことから始まりました今は中途半端にデビットカードが銀行本体で発行できるようになりましたがすべてが付け焼刃です
私はいつでも応援します私が今までできなかったことをぜひ皆さんで実現してください
いつでも連絡いただければ私が考えて構想はお話します
頑張ってください!

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます