株式会社日立ソリューションズ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/02/02 掲載

「収益力が高い」製造業は何が違う?某自動車部品メーカーも実践した“改革の凄い効果”

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ここ数年、日本の製造業を取り巻く環境は劇的に変化している。VUCAと呼ばれる予測困難な時代の中、原価を把握・管理し、素材・部品の調達から製品開発、市場投入までのサイクルを迅速に回していかねばならない。そこで求められるのが、製造工程で発生するデータの経営判断への活用だ。しかし、製造現場ですら、まだ十分に自社のデータを活用できているとは言い難い。ましてや経営判断へ活用できる段階までの道のりは遠い。なぜ、製造業の“品質”や“収益力”を大きく左右するこの問題は手つかずのままになってしまっているのか。本記事では、課題解決のポイントや某自動車部品メーカーが実践した改革の事例を紹介する。
photo
製造業では“品質”や“収益力”を大きく左右する問題が放置されたままになっている…
(Photo/Shutterstock.com)

日本の製造業が抱える大きな問題

 これまで日本の製造業は、製品の品質維持やスケジュール通りの生産活動を遂行するうえで、現場の熟練技術者の“カン・コツ”に頼ってきた部分がある。細かな調整が求められる各業務に関して、「誰がやっても同じ結果になるようなマニュアル」が存在するわけではなく、最後は熟練技術者頼りになっていた。そのため、若手技術者が担当すると、品質にバラつきが出たり、スケジュールに遅れが出たりするケースもあった。

 しかし、そうした製造業の品質を支えてきた熟練技術者の高齢化も進み、製造業はいよいよ“カン・コツ”に頼った業務から脱却し、製造プロセスの最適化が必要となってきた。

 また、ここ数年新しい課題も出てきている。地政学リスクや経済安全保障への対応、為替の影響を背景に、これまで通り「決まった工場で決まった製品を生産する」というやり方では、供給量を維持できなくなったり、原価割れを起こし想定通りの収益を出せなかったりする可能性が出てきているのだ。そのため、どの国のどの工場で生産すれば“生産性”や“コスト”で有利になるのか、環境に応じて迅速に判断する必要がある。

 このように、製造業は品質安定のための「製造プロセスの最適化」や、収益改善のための「適切な生産拠点の見極め、エンジニアリング・サプライチェーン構築」という壁に直面しているが、これらの課題をすぐには解決できない事情がある。それはなぜか。

この記事の続き >>

  • ・「製造プロセスの最適化」までの道のりが遠いワケ
    ・「事業利益の向上」と「ものづくり力の強化」につながる“ある方法”
    ・某自動車部品メーカーが実践した改革の全貌

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます