TD SYNNEX株式会社 、 SB C&S株式会社 、 株式会社ホロラボ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/04/04 掲載

ものづくり現場の三大課題「人材不足・育成・効率化」すべてに効く「あの技術」とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
製造業・建設業を主とするものづくり業界では現在、深刻な労働力不足に悩まされており、人材育成と現場の効率化が大きなテーマとなっている。本稿では、限られた人材で変革をもたらす方法として注目される「ある技術」を、最新のユースケースとともに紹介する。
photo
課題山積……ものづくり企業を救うのは「あの技術」だ
(Photo/Shutterstock.com)

「労働力不足」を起点に複雑に絡み合う、ものづくり企業の課題

 製造や建設業をはじめとする、ものづくり業界の人材不足問題が深刻化している。工学系を志す学生が減少傾向にある中で新卒の理系人材の多くがIT系に流れ、製造業の現場では、新卒社員が集まらず、人材の高齢化も進んでいる。

 そして慢性的な労働力不足の状況で、人材育成に十分なリソースを割けず、派遣社員が派遣社員を教育するケースも散見されるなど、技術継承の標準化は大きな課題となっている。

 深刻な課題はそれだけではない。2019年に施行された「働き方改革関連法」で、長時間残業が常態化していた建設業界は準備期間として5年の猶予が設けられていたが、2024年3月末に期限を迎えた。これにより、時間外労働の上限規制が変わるわけだが、労働時間を大幅に短縮できるほど生産性向上の取り組みを進められていないのが多くの企業の実情だろう。

 複雑化するものづくり企業の課題を解決するには、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進が必須となる。実際、業界内でデジタル化の機運は高まっているものの、結局、人材不足により「新しい領域に取り組む余裕がない」という悪循環に陥っている。

 現在、ものづくり企業に求められているのは、スタートのハードルが低く、効率的、効果的に変革を進めていくことができる仕組みなのだ。

この記事の続き >>

  • ・高まる「人材育成」の重要性、必要なのは「教える側のハードルを下げる」仕組み
    ・「人が足りない」「育たない」「生産性が上がらない」すべての課題に効く技術とは
    ・【製造】部品組み立て作業の教育訓練を「10日から5日」に半減した方法
    ・【建設】1~2週間かけていた、施工可能かを確かめる模型製作とサヨナラできた方法

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます