ようこそゲストさん

IT戦略


IT戦略のスペシャル(記事)

PR

IT戦略のイベント・セミナー

楽々WorkflowIIを始めとし多様なソリューションを提供している住友電工情報システムと、Notes/Dominoを熟知したコムチュアによりNotes移行を提案いたします。 【セッション1】 必見! Notes移行を強力にご支援します 「コムチュアのワンストップソリューション」のご紹介 ~ V9.0.xとV10.0.xサポート終了間近!~ 最新バージョンNotes/Domino V12がリリースされる一方、V9.0.xとV10.0.xのサポート終了(2024年6月1日)が発表されました。そんな中、Notes/Dominoからの移行をお考えのお客様も多いのではないでしょうか。 本セッションでは皆様のNotes移行を最大限にご支援すべく、コムチュアが提供するワンストップソリューションをご紹介いたします。 【セッション2】 Notes移行先は?DXも強力に推進するソリューション 楽々WorkflowII + 楽々Framework3 のご紹介 Notes/Domino は容易に業務アプリケーションを作成することができますが、担当者の異動や退職に伴ってNotes/Domino を設計・運用できる技術者がおらず、近年のDXの流れ に対応できていないという企業も少なくありません。 ワークフローや作り込みを行っている業務アプリケーションを ノーコード・ローコード開発ツールである楽々WorkflowIIと 楽々Framework3を活用して移行してみませんか?

※当講座は埼玉県内企業DX推進人材育成講座補助金の対象講座です。お申込みは「埼玉県内の中小企業・小規模事業者のみ」とさせていただきます。 DX化が叫ばれている中、必要性は認識しているものの、経営資源に限りのある中小企業では 「DXを進めたいが、どこから手をつければよいかわからない」 「DX化を推進する人材がいない」 「DX化に必要なお金がない」 などの声が多く聞かれます。 本セミナーでは、経営資源に限りのある中小企業が、戦略的にIT導入を行う上での重要なポイントを解説します。弊社が積み重ねてきた数多くの中小企業様へのコンサルティング事例を元に、そこから見えてくる「成功と失敗の分岐点と対応上のポイント」をお伝えします。 DX化を推進したいと考えている埼玉県内に事業所を持つ中小企業経営者様はもちろん、中間管理職、リーダー社員にもオススメの内容となっております。 【こんな方におすすめ】 以下のような悩みを抱えている埼玉県内の中小企業の経営者、中間管理職、DX推進リーダー・担当社員など ・DX化の目的が曖昧なままなんとなくプロジェクトが進んでいるため先が不安 ・DX化を推進したいと思っているが、どこから手をつけたらよいかわからない ・過去のIT導入プロジェクトで失敗した経験があるため、今回のDX化に向けて成功させるためのポイントを知りたい ・場当たり的にIT導入のツールを入れてきたせいで、期待した効果が出ていない ・ITベンダーの言いなりにならないよう、DX化の検討を工夫したい 【セミナー内容】 1.中小企業におけるIT活用の課題   ・IT投資の目的   ・中小企業のIT投資の現状   ・中小企業のIT活用の課題 2.戦略的IT導入のポイント   ・経営課題の設定   ・IT戦略の立案   ・ヒトのマネジメント   ・モノのマネジメント   ・カネのマネジメント 3.まとめ 【担当講師】 コムラッドファームジャパン 経営コンサルタント 唐澤 智哉 【費用】 3,850円(税込) ※埼玉県内の事業者様向けの割引後の価格です。 ※費用の支払いは「銀行振込」となります。振込手数料はご負担をお願いいたします。

<セミナー概要>  !!今注目のトレンド開発手法ノーコード・ローコード開発 その動向について解説します!!  DXの浸透により、企業のデジタル化が進む一方、それを推進するためのデジタル人材不足が顕著化しています。  そこで登場したのが市民開発(Citizen Development)という考え方で、非ITエンジニアの業務担当者が自分たちのシステムを内製化する時代となってきています。  このような背景のもと、非ITエンジニアでもシステムを内製化できるノーコード開発やシステム部門やITエンジニアが生産性高く開発できるローコード開発が注目を浴びていますが、この境界線を不明瞭のまま進めていき、市民開発の限界を超えて、最終的には挫折してしまうケースも多発しています。  今回のセミナーでは、そんなノーコード・ローコード開発サービスについて、その違いや具体的な使い分けについて実例をもとに解説することで、市民開発の限界や、それぞれの開発手法の用途・業務範囲の境界を把握し、企業のデジタル化推進に役立つ情報をお届けします! VUCA時代の変化に対し、迅速且つフレキシブルに対応できる組織作りに有用なセミナーとなっておりますので、是非ご参加下さい。 <プログラム> セッション① 14:00~14:25  市民開発とITベンダー共創開発の境界線  ~全社展開・導入時の問題と6つのポイント~ セッション② 14:25~14:45  進めよう、ローコード開発サービス「Power Platform」  による業務改革! セッション③ 14:45~15:05  ノーコードとローコードの2つの顔を持つサービスCELFから  具体的な使い分けを知る セッション④ 15:05~15:30  変化の時代に対応するためのアジャイル

建設現場では施工管理のためにさまざまなデータを記録する必要がありますが、従来は人手による作業が多く、すべてのデータを正確に・迅速に記録して可視化するのは困難でした。 さらに、複数の企業が関与するプロジェクトでは、現場のデータを企業間でどのように情報共有するかもよく課題になります。 しかし近年は、IoTやクラウドを用いた現場の見える化やデータ活用、現場の人手不足を補う遠隔支援などにチャレンジする企業が増え、参考になる事例も増えつつあります。 本セミナーでは、地盤改良やコンクリート打設工事などの具体的なDX例を交えて、データ可視化・活用の方法をご説明します。 また、現場の見える化をはじめ多彩な機能で建設DXを支える「ミエルコウジ」もご紹介します。 ミエルコウジは、現場のデータをクラウドに収集・可視化して、自社内はもちろん、企業間をまたいだ情報共有もスムーズに行える施工管理IoTプラットフォームです。 リアルタイムのデータ参照だけでなく、蓄積したデータをAI(機械学習)などに活用することで、業務改善やデータドリブン経営につなげる資産としても期待できます。 こんな方におすすめ ・建設企業のDX部門やIT部門、事業部でDXに取り組まれている方 ・建機メーカー等で建設業のDXを支援している方 ・その他、建設業界やその周辺業界でDXに関わる方

AI基礎解説
有名企業の創業者
CDPとは何か?わかりやすく解説

IT戦略のホワイトペーパー


IT戦略の動画


処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました