アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/04/22 掲載

現場が“本当に”使える「ノーコード」のスゴさ、AI/IoTデータのフル活用術

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本企業にとって喫緊の課題であるDX推進。業務効率化や人手不足の解消などのメリットが期待されるが、DXが思うように進まず苦慮する企業は少なくないだろう。また、AIカメラやIoTセンサーによるデータなど、データの多要素化・多拠点化が進み、活用の必要性が高まっている。このような課題への解決策として、「ノーコードツール」が注目を浴びている。ここでは、DX推進における課題を確認しつつ、ノーコードツールのメリットやその導入によって驚くべき成果を上げたアシックスを含む4社の企業事例について解説する。
photo
「ノーコード」で始める現場DX
(Photo/Shutterstock.com)

2025年以降に最大12兆円の経済損失、DX推進は喫緊の課題

 DXの推進は、個々の企業に限らず、国全体の大きな課題となっている。経済産業省のとある調査によると、2025年までに多くの企業がレガシーシステムの限界に直面し、競争力を失う可能性があるという。DXの取り組みが不十分な場合、年間で最大12兆円もの経済損失が2025年以降に発生するかもしれないのだ。

 DX推進は喫緊の課題だが、なぜスムーズにDXを推進できていないのだろうか。経済産業省と中小機構のとある調査によると、人材不足と文化・風土(アナログな文化・価値観の定着)がデジタル化・DX推進の大きな課題となっているという。

 加えて、AIカメラやIoTセンサーなどの活用によるデータの多要素化、エッジコンピューティング技術の再燃によるデータの多拠点化が進んでいる。現場で爆発的に増えるデータを活用した課題解決の仕組みづくりは今や不可欠だ。

 では、現実的にどのように現場におけるDXを進めていけば良いのだろうか。重要となるのが、現場の誰もが使えて小さな課題を改善できる仕組みである。具体的にはノーコードツールが有用だ。

 以降では、利用者目線/テクノロジー目線に着目した現場DXを成功させるポイントや、ノーコードツールによって驚きの業務改革を実現した4社の事例を紹介する。

この記事の続き >>

  • ・利用者目線/テクノロジー目線で見るDX課題
    ・まずは「小さな1歩」から、現場DXを成功させる3つのポイント
    ・年間2880時間の業務時間を削減、4社のスゴすぎる業務改革

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます