株式会社セールスフォース・ジャパン 、 ドキュサイン・ジャパン株式会社 、 株式会社マネーフォワード 、 Splunk Services Japan 合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/12/04 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
昨今、生成AIをはじめとするテクノロジーの発展が目覚ましく、さまざまな業界の企業・団体が利活用に取り組んでいる。そうした中、金融業界でもテクノロジーの活用に先進的に取り組むみずほフィナンシャルグループでは、顧客体験(UX)の向上、社会課題の解決などを目的に、ブロックチェーンやメタバースなどを活用したサービスを構築・展開してきた。同グループは、どのように先端技術を取り入れ、どのような成果を出しているのだろうか。同グループの金融DXの全貌に迫る。

金融DXを加速させる〈みずほ〉

 渋沢栄一が“日本最古の銀行”である第一国立銀行を設立してから今年で150年の節目となる。その第一国立銀行を源流とするみずほフィナンシャルグループでは、世界の動向や革新的なテクノロジーの進展、ウェルビーイングおよびサステナビリティへの意識の高まりといった昨今の潮流の変化に合わせ、2023年に企業理念を再定義した。

 同グループは、すべての人が健康で幸せに暮らせる生活、サステナブルな社会・経済を実現するという、人々にとっての“ありたき世界”を目指すべく、「ともに挑む。ともに実る。」を新たなパーパスとして掲げた。そして、このパーパスの実現の鍵となるのがDXという。

 具体的にどのような取り組みをしているだろうか。たとえば、来店不要で各種手続きを行えるサービスを提供すべく、1,000億円のデジタル投資を行っているほか、顧客情報を基に金融データ・行動データを分析してパーソナライズされたマーケティングの展開予定など、多面的な施策を進めている。

 これらにとどまらず、あらゆる領域で金融DXを加速させている。具体的に、同グループはどのような金融DXを進め、どのような成果を出しているのだろうか。ここからは、同グループの4つの「金融DX」の取り組みを解説する。

この記事の続き >>

  • ・〈みずほ〉の決済・送金アプリ「J-Coin Pay」が何を実現する?
    ・たった2日で10億円の資金調達を実現するデジタルの仕組みとは
    ・「〈みずほ〉版ChatGPT」、全社導入した狙いとは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます