• トップページ
  • オープンハウス「金融事業参入」は前兆? 不動産業のフィンテック参入が急増するワケ

  • 会員限定
  • 2021/08/20 掲載

オープンハウス「金融事業参入」は前兆? 不動産業のフィンテック参入が急増するワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
都市部に近いエリアの狭小住宅で業績を伸ばしているオープンハウスがフィンテック事業に参入する。不動産と金融の関係は密接であるどころか、ほぼ一体の関係にあると言って良い。コロナ危機をきっかけに不動産市場も大きく変化しており、今後は不動産ビジネスと金融ビジネスの融合が急ピッチで進むだろう。

経済評論家 加谷珪一

経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

画像
オープンハウスのフィンテック事業参入の可能性とは? フィンテック領域に新規参入しやすい企業の特徴とは?
(写真:西村尚己/アフロ)

購入者の一生を丸ごと支援

 オープンハウスは2021年8月5日、住宅の購入者が電気料金などを一括で引き落とせるネット銀行「おうちバンク」を設立したと発表した。同社は子会社を通じて住信SBIネット銀行と銀行代業務委託契約を締結しており、関東財務局から銀行代理業の許可を取得した。住信SBIネット銀行が提供する仮想銀行システム「ネオバンク」を使って事実上の銀行業務を行うことができる。

 同社は販売した住宅の購入者向けに電気やガス、ネットなどのサービスを一括で申し込める「おうちリンク」のサービスを提供している。新しい銀行サービス「おうちバンク」は「おうちリンク」と連携する形で、各種料金をおうちバンクで引き落とした場合には、付与されるポイントが増額されるといった特典が付く。

 おうちリンクで付与されたポイントは、将来、住宅をリフォームする際の代金に充当できるような仕組みを想定しており、住宅の購入を通じ、日常生活から将来のリフォームまで、購入者のライフプランを丸ごと支援できるサービスを展開する。

 さらにオープンハウスでは、資金力の乏しい中小工務店などにシステムを外販することも視野に入れており、場合によっては中小工務店をネットワーク化した新しい企業集団が形成される可能性もある。

 現状、おうちバンクは提携住宅ローンの提供にとどまっているが、同社は独自の住宅ローン提供も検討しているという。決済だけでなく資金まで提供できるようになれば、まさに消費者の一生を丸ごと支援する業態にシフトできる。家を作って売れば終わり、という従来のハウスメーカーやデベロッパーとはビジネスの概念が大きく変わることになる。

 これまで住宅の購入は住宅メーカーやデベロッパー、住宅ローンは銀行、という役割分担が出来ていたが、オープンハウスのような業態が一般的になると、両者の垣根は限りなく低くなる。これは金融とITを融合したフィンテックの進展と、それに伴う各種の規制緩和があって初めて成立する新業態であり、今後は不動産ビジネスと金融ビジネスのサービスはさらに近い存在となっていくだろう。

画像
これまでは、住宅購入は住宅メーカーやデベロッパー、住宅ローンは銀行という役割分担があったが、今後は両者の垣根が低くなっていく可能性がある
(Photo/Getty Images)

フィンテックに最適な規模感というものがある

 フィンテックが進展すれば、理屈上はどのような企業でも金融と融合したサービスに参入できるが、現実はそれほど簡単ではない。

 金融というのは基本的に規模のメリットがモノを言う業態であり、多数の顧客を抱えていることに意味がある。特にフィンテックでは、顧客の資金の動きをAI(人工知能)が分析し、最適なサービスを提供したり、審査を行うといったことが期待されている。こうしたシステムを有効に作用させるためには、それなりの顧客基盤が必要だ。


 ではメガバンクのように、多くの顧客を抱えていれば良いのかというとそうでもない。たしかにメガバンクには多数の顧客が口座を開設しており、最大手の三菱UFJフィナンシャルグループは3400万口座に達する。だが銀行ではおおまかなお金の出入りしか分からないので、個人の生活に深く立ち入った分析は難しい。

 顧客のお金の動きがよく分かる業界で、それなりの大きさの顧客基盤を持つ企業が最もフィンテックに参入しやすいということになるが、その点においてオープンハウスの業態や規模感は最適である。

【次ページ】オープンハウスがフィンテックに最適なワケ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます