パーソルホールディングス株式会社 、 インフォアジャパン株式会社 、 アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/12/06 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
長らく日本経済をけん引してきた製造業は、現在、デジタル化の遅れが指摘されている。そんな中、ダイハツでは一足早く、2017年にAI活用を開始した。メンバー3人のワーキングチームから始まった取り組みが、今では全社に広がり、DXやAI推進が全社活動となっている。そこで、ダイハツにおけるDX推進やAI活用事例、教育ワークフローについてダイハツ工業 DX推進室データサイエンスグループ 兼 東京LABOデータサイエンスグループ グループ長の太古 無限氏に話を聞いた。

成功率は“10%”DXやAI推進の本質的な難しさ

 ダイハツは1907年に大阪で設立し、国内軽自動車シェアは2006年以降、17年連続1位となっている。インドネシア、マレーシアでのシェアも高い存在感を誇り、お客様に寄り添い、暮らしを豊かにするビジョンのもと、クルマづくりを行っている。

 太古氏は、2007年にダイハツに入社し、組み込みエンジニアとして活躍。2017年から独学でAIの勉強を始め、非公式のワーキングチームを立ち上げた。

 徐々にAIの活動の場を広げ、全社にAIを浸透させた。そして、DataRobotによる「AIヒーロー」に日本の製造業界の第1号として選出されるまでに至った。これまでの活動について、太古氏は次のように語る。

「DXやAIの推進は本当に難しいもので、なかなかうまく進みませんでした」(太古氏)

 日本企業のDX成功率は約10%と極めて低い。その失敗の要因は「トップマネジメント層の不理解」「デジタルテクノロジーの理解不足」「人材や実行組織の不足・不備」の3つが挙げられる。

 また、現状で十分だと思っている人たちに、DXやAIを新たに取り入れてもらうことは容易ではないという。そのため、「現在困っていることを解決する『課題解決型』の取り組みではなく、数年後をより良くしたい『ビジョン駆動型』として進めるべきです」と太古氏は説明する。

 次章以降では、ダイハツにおけるDXの取り組みやAI活用事例、社内外における仲間づくりと伴走支援について詳しく紹介する。

この記事の続き >>

  • ・ダイハツにおける「DXビジョン」とは
    ・「データとAIの民主化」を実現する3つのミッション
    ・社内外での仲間づくりと伴走支援
    ・短期間での人材育成「AIブートキャンプ」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます