• トップページ
  • 金融機関3社のDX事例、SMBC信託・アクサ生命・みずほFGはどうやって成果を出したか

  • 会員限定
  • 2020/08/25 掲載

金融機関3社のDX事例、SMBC信託・アクサ生命・みずほFGはどうやって成果を出したか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれはじめてから数年が経過する。いまだにDX実現に苦戦する企業もあれば、変革を遂げた企業の事例もではじめている。今回は、DXにより成果を出した金融機関3社の事例を紹介する。
画像
DXにより成果を出した金融機関3社の事例を紹介する
(Photo/Getty Images)
 
※本記事はセミナーインフォ発行「The Finance」vol.21の「組織の垣根を超えた協働とIT活用で カスタマーの体験価値を高める」を再構成したものです。


【SMBC信託銀行の事例】
口座開設者数を2倍に伸ばしたデジタルマーケティング

 「PRESTIA」のブランドで外貨預金をはじめとした金融商品・サービスを提供するSMBC信託銀行(以下、SMBC信託)。2019年10月からは新たに、多通貨Visaデビット一体型キャッシュカードの「GLOBAL PASS」を取り扱い始めた。同商品のリリースにあたりSMBC信託は、オンライン中心のマーケティング戦略を本格展開した。

画像
SMBC信託銀行
マーケティング部 部長
中野浩一氏
 マーケティング部 部長の中野浩一氏は、「すでに『PRESTIA』を利用いただいている方や未利用だが関心を持っている潜在顧客に対して、『GLOBAL PASS』の利点を効果的に訴求するため、デジタルとデータを活用した広告活動を行っている」と話す。

 新規顧客には大手ポータルサイトやSNS(交流サイト)でのオンライン広告、YouTubeでの動画配信のほか、世界のさまざまな国での利用シーンをイメージした記事を配信する特設サイト「こんなに使える! グローバルパス」での情報発信を行っている。

 加えて、既存顧客にはEメールや会員ページでのバナー表示などで告知した。「当社のファンになっていただけるお客さまを見つけるため、広告代理店のウェブ顧客行動データベースと当行の顧客データベースを用いてターゲットを絞り込み、特設サイトやランディングページに誘導した」と中野氏は語る(図1)。

画像
図1:GLOBAL PASS デジタルマーケティング戦略
(出典:SMBC信託銀行)
 

 既存顧客の「GLOBAL PASS」へのオンライン切り替え率6割の目標を初月から達成。新規のオンラインでの口座開設者数も、リリース後は従来の約2倍の件数が継続している。加えて、ホームページの流入量も2019年10月以降、前年比50%のアクセス増となるなど、マーケティング上のKPI(重要業績評価指標)も達成した。

外貨積立の申込件数を倍増させた方法とは

 「GLOBAL PASS」は、日本円を含めた18通貨の預金から、海外現地でのATMでの引き出しやショッピング(Eコマース含む)・レストランでの決済を外貨のまま直接行えるのも特徴だ。そのため、生活のさまざまなシーンで外貨を利用する人がメインの顧客層となるが、今回のデジタルマーケティングは他の商品にも相乗効果が見られるという。

画像
SMBC信託銀行
商品開発部長
阿部豊憲氏
 商品開発部長の阿部豊憲氏は、「外貨積立は店頭申し込みのみとしていたが、『GLOBAL PASS』のリリースを見越して2019年8月からネット申し込みを可能として以降、申込件数は従来の1.5~2倍で推移している」と明かす。

 今後は外貨預金や送金、投資信託など、オンライン取引が可能な商品は、情報共有やリスク説明を含めて店頭取引からオンラインへのシフトがますます加速するかもしれない。

画像
SMBC信託銀行
マーケティング部長
小林和成氏
「信託、相続など対面の安心感やある程度の説明時間が求められる業務を店舗に集中させるなど、店舗とオンラインの使い分けによるリソースの最適化も含めて、既存の営業スタイルを見直す時期に来ているのだろう」(阿部氏)

 2020年4月現在、SMBC信託は、「デジタル化の推進」に力を注いでいる。

 マーケティング部長の小林和成氏は、「マス広告では予算と量、時間をかけないと広告活動の目に見えた成果が測れなかったが、デジタルでは限られた予算内でも個別の広告効果が測りやすくなった。今回得られた知見を、今後の広告デザインの選定やSNS発信コンテンツ企画にも活かし、きめ細かなマーケティング活動を行いたい」と語った。

【次ページ】【アクサ生命保険の事例】顧客満足度を可視化、どのように販促に活かしたのか

あなたの投稿

関連コンテンツ

東京都

2024年に向けて、サイバーセキュリティ最新情報や多様化する脅威への対処法&防止策

サイバーセキュリティ業界最大級のイベントRSAカンファレンスでも話題となった最前線をご紹介 攻撃に関連する被害のレベルが、かつてないほど高くなっている今、 専門家から最新の攻撃手法やトレンドに関する情報をお届けします。 サイバーセキュリティの専門家、ITリーダー、経営者、そしてデジタルアセットとプライバシーを守りたい全ての方々に知っておくべき! RSAカンファレンスでも話題となったサイバー対策や、政府、教育機関、弁護士からの講演を通して、進化するサイバー脅威から組織や自分自身を保護する力やより強固なサーバーセキュリティ体制の構築の知識を深めましょう! 最新のサイバー脅威動向の解明 サイバーセキュリティインシデントへの対応 サイバーハイジーンの強化 協力と知識共有 未来への強靭性の構築 本セミナーでは、複合環境における高度な脅威対策のためのネットワーク検出と可視性の重要性、そして技術の進化に伴う政策の変化と法的コンプライアンスの最適な戦略についてお話しいたします。 また、今後多発することが見込まれる ChatGPT 技術を悪用した攻撃、コロナ蔓延やウクライナ戦争を契機にしたサイバー攻撃の状況の変化、 VR/AR/MRにおける新たなセキュリティとプライバシーの脅威を踏まえといった最新の攻撃手法を掘り下げ、金融、電力業界から幅広い業界でのサイバーセキュリティの課題に取り組む皆様に向けて、一年に一度のセキュリティイベント、専門家と共にセキュリティの高度化を探求しましょう!

東京都

Ivanti NEXT 2023

コロナ禍によってリモートワークやハイブリッドワーク環境への対応の波とデジタル化の更なる加速によって、Everywhere Work(場所にとらわれない働き方)が拡大し、より柔軟性のある働き方が定着しました。それと同時に、従業員が利用するPCやモバイルデバイス、周辺機器デバイス、アプリの数が増えたことで、企業はより複雑化したIT環境に直面しながら、一層のセキュリティ強化が求められるようになっています。また、経済産業省が2018年に発表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」により提唱された『2025年の崖』問題も迫っており、企業はDX(デジタルトランスフォーメーション)へ推進を加速しています。 そのような変化に対応・直面する中、 IT担当者が担うミッションはIT(ハードウェア、ソフトウェア)資産管理、サイバーセキュリティ(脆弱性、デバイス、ネットワーク)の強化、社員からのITサポートの対応、既存システムの保守、新システムの導入、OSの移行など多岐にわたり複雑化しているだけでなく、ITの人材不足や熟練者の退職によるナレッジのブラックボックス化が発生し、情報システム部門がすべての対応を行うことが難しい時代を迎えております。また、最近では従業員の定着率にも影響する「従業員のデジタル体験(Digital Employee Experience)」という重要性が高まっており、企業には、これまで以上にデジタル化で社員に負担をかけないよう、仕事環境の早急な改善が求められています。 本イベントでは、企業の「次」の戦略的なITの取り組みへリソースを使えるよう支援を目指すIvanti製品やソリューション、国内の事例をご紹介します。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます