開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • トップページ
  • アマゾン史上最大の株式分割は何を意味する? 専門家はどう見たか

  • 会員限定
  • 2022/06/23

アマゾン史上最大の株式分割は何を意味する? 専門家はどう見たか

ネット通販大手のアマゾンは6月3日、1対20の株式分割を実施した。今回の株式分割は同社の評価にどのような影響をもたらすのか、米モーニングスターのシニアアナリストであるダン・ロマノフ氏が解説する。

執筆:Morningstar、翻訳校正:FinTech Journal編集部

執筆:Morningstar、翻訳校正:FinTech Journal編集部

photo
アマゾンの株式分割が意味するものとは?
(写真:ロイター/アフロ)

※本記事は、米国モーニングスター社の記事「What Does Amazon's Stock Split Mean for Investors?」をもとにFinTech Journal編集部が翻訳・再構成したものです。米国モーニングスターの独占的な権利に属しており、私的利用かつ非営利目的に限定します。また、米国モーニングスター及びその関連会社は、本翻訳記事の利用に関して一切の責任を負いません。

アマゾン史上最大の株式分割

 アマゾン・ドットコムが1対20の株式分割を実施した。今回の株式分割は20年以上ぶりで同社史上最大のものであり、投資家は所有株式1株ごとに19株を追加で受け取ることになる。

 アマゾン株の分割は6月3日の取引終了時に発効する。つまり、その日の終値を20で割って株式数の増加に対応する。株式は6月6日から分割調整ベースで取引が開始される。

画像
アマゾンの株式パフォーマンスと株式分割。1997年5月15日の株式公開開始以降、1998年6月2日に株式2分割、1999年1月5日に株式3分割、1999年9月2日に株式2分割を行ってきた。縦軸は株価を示す
(出典:モーニングスター・ダイレクト。2022年6月1日時点のデータ)

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+ITプレミアム会員(無料)にご登録ください。

すべて無料!
FinTech Journalを全文ご覧いただけます!

  • 1

    金融業界に特化したインタビューから事例、ニュース記事など、ここでしか読めない記事が無料で閲覧可能

  • 2

    金融業界向けのイベント、セミナー情報などを掲載!

  • 3

    最新のフィンテックに関する動向などをFinTech Journal編集部の独自メールマガジンでお知らせ!

  • 4

    ご希望の方はビジネス+ITがご提供するサービスもあわせてご利用可能です!

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!