• 会員限定
  • 2022/12/22 掲載

暴落した今こそ考えたい「暗号資産の危険性」、今後投資するうえでの注意点は?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
暗号資産(仮想通貨)交換業者大手のFTXトレーディングの経営破綻によりビットコイン相場が急落するなど、ふたたび良くない話題で注目を集めている暗号資産。過去にも、別の暗号資産取引所が経営破綻に陥り、資産を預けていた多くの利用者が損失を被った。このようにリスクの高い暗号資産投資だが、「投資をしてみたい」と考える人は増え続けている。そこで今回は、あらためて暗号資産投資の仕組みや商品性、危険性、安全に保管する方法を解説したい。

執筆:楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト 篠田 尚子

執筆:楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト 篠田 尚子

慶應義塾大学卒。銀行にて個人向け資産運用相談業務、投信評価会社にて投資信託の評価・データ分析・市場調査等のアナリスト業務に従事したあと、現職。新聞やマネー誌等各種メディアで投資信託についての多くのコメントを手掛けるほか、投資教育にも積極的に取り組んでいる。

photo
暗号資産投資の危険性とは?安全に保管する方法はあるのか?
(Photo/Getty Images)

投資対象としての特徴

 ビットコインの誕生は2009年1月に遡る。「Satoshi Nakamoto」(サトシ・ナカモト)と名乗る匿名の人物が前年に発表した論文が基となり発足・流通が始まった。

 折しも当時は、世界的な金融不安が台頭し、政府・中央銀行に対する不信感が募っていた時期と重なり、法定通貨に対するアンチテーゼとして誕生したという側面もある。言い換えれば、暗号資産は政府の発行の裏付けがない「通貨」なのである。

 このように、ビットコインは政府が管理しているわけではないため、第三者(「マイナー」と呼ぶ)がマイニング(=採掘)を行うことで取引を管理し、これによって新たなビットコインのブロックがネットワーク上に発行される仕組みとなっている。

 ただし、ビットコインの総発行量は2140年までに2,100万ビットコインと決められており、残りの採掘可能なビットコインはすでに200万を切っている。このように、供給量に限りがあり、希少性が高く、インフレに対抗できるという点は、金(ゴールド)に通ずるところがある。

画像
ビットコインは供給量に限りがあり、希少性が高く、インフレに対抗できる資産という点で、金(ゴールド)に近い資産と考えることもできる。ただし、投資の危険性を理解しておく必要がある
(Photo/Getty Images)

ビットコインの「価格の決定要因」

 では、ビットコインはインフレが起きないのか、というとそういうわけではない。ビットコインに限らず、暗号資産そのものの相場はあくまでも需給によって決まる。ただ、ビットコインがユニークなのは、「半減期」と呼ばれるインフレを抑制する仕組みが備わっていることだ。

 これは、ネットワークに供給されるビットコインの量が4年ごとに半減することにより、ビットコインの価値が保たれるという仕組みだ。より厳密に言えば、先述したマイニングの1ブロックあたりの報酬が半減するのだが、この一連のプロセスは2,100万ビットコインすべてが採掘されるまで続く。

【「4年に一度」の半減期の推移】
  • 2009年1月3日:50BTC
  • 2012年11月28日:25BTC
  • 2016年7月9日:12.5BTC
  • 2020年5月11日:6.25BTC
  • 2024年?月?日:3.125BTC(予想)

 法定通貨の世界では、政府・中央銀行による貨幣供給量の増加がインフレを引き起こす要因となりうるのに対し、ビットコインは、総供給量が決まっていることから、半減期によって希少性を保ち、インフレによる減価を防いでいるのだ。

 ビットコインの価格もこの半減期のサイクルに合わせて変動する傾向があり、過去の実績を振り返ると、半減期から価格が底をつけるまでは約2年から2年半程度。直近の半減期が2020年5月だったので、今年6月の急落で底をつけたと見るかが1つの目安となるだろう。こうした価格変動の特性を覚えておくと、ビットコインに投資するタイミングを掴みやすくなるかもしれない。ただし、ビットコイン投資には大きなリスクもある。ここからは、暗号資産投資の注意点を解説していく。

【次ページ】暗号資産投資の危険性、限度額はいくらが適正?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます