• 会員限定
  • 2023/03/15 掲載

100年に1度の“異常事態”、もはやいつでも「景気後退の可能性アリ」と言える根拠

記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在、投資家にとって過去に例がないほど市場の見通しを立てにくい環境になってきている。本来であれば、雇用統計や消費者物価指数(CPI)の上昇は好材料として受け止められるが、足元では「中央銀行の利上げペースを加速させるかもしれない悪材料」として捉えられているなど、「グッドニュース」が「バッドニュース」となるような、通常では考えられない環境に突入しているのだ。投資家であれば、この“異常事態”の全体像を把握しておく必要があるだろう。今回は、いま起きている金融市場における異変を解説する。

解説:ウエルスアドバイザー 代表取締役社長 朝倉智也

解説:ウエルスアドバイザー 代表取締役社長 朝倉智也

1989年慶應義塾大学卒。95年米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)。同年、ソフトバンクを経て、98年モーニングスター設立に参画し、2004年より現職。第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投資家の的確な資産形成に努める。資産運用にかかわるセミナー講師を多数務め、各種メディアにおいても、個人投資家への投資教育、啓蒙活動を行う。

photo
図表1:2022年の米国株式&米国債券の同時下落率は過去最大
(出典:ウエルスアドバイザー)
本記事は、ウエルスアドバイザー公式YouTubeチャンネルの動画『【MSカンファレンス2023】異例なほど不確かの中、資産を守り増やすための運用法<アーカイブ配信>』の内容を一部再構成したものです。

過去100年で1度も起きたことがない“異常事態”とは

 2022年の異常さを表す事例として、株・債券の値動きが挙げられます。

 教科書的な株・債券の関係で言えば、「株が下がれば、債券が上がる」というのが、通常のパターンでした。だからこそ、これまで私は投資家の皆さんに「(どちらか一方の値動きに左右されないよう)株式と債券を一緒に持ちましょう」という話をすることがありました。

 ところが、2022年には、米国の株式と債券の両方ともが下落するような異例の状況がありました。米国のS&P500が18%下がり、債券も同じ程度の下落幅を記録しています。

 図表1を見てください。過去に両方が下がった年は、1969年まで遡ります。また、株・債券ともに10%以上下がった年は、過去100年間で1度もありません。また、2022年の債券の下げ幅は、この100年間で過去最大でした。

 100年間一度も起きていないようなことが起きる2022年の環境で、投資益を獲得するのがどれだけ難しいことだったかが分かるはずです。

異常事態の原因は?米国経済に起きている異変

 それでは、なぜこのような異常事態が起きたのでしょうか。それは、コロナ禍からの経済活動の再開やインフレ率上昇などを受け、各国の中央銀行が政策金利を引き上げはじめたことが関係しています。実際に、米国・カナダ・英国・欧州では、金利は加速的に上がっています。米国に限れば、たった1年で政策金利は0.5%から4.5%へと9倍上昇しました。

画像
図表2:急激なインフレに対応した利上げの継続
(出典:ウエルスアドバイザー)

 米国長期金利の利上げの始まりが2022年3月で、1年経たない間にこれだけ金利を上げると、当然のように景気後退が起こります。FEDもある程度の痛みを伴わなければ、インフレの鎮静化はできないと考えているということです。

 ただし、ここで不思議なのが、政策金利を引き上げてもなお、米国の雇用が強いということです。

画像
図表3:米国雇用統計(2022年)
(出典:ウエルスアドバイザー)

 2022年度米国雇用統計における失業率を見ると、3.5~3.7%の範囲内で収まっています。米国の完全雇用とされる水準は失業率3.5%とされており、失業率上昇を覚悟で利上げを進めたにも関わらず、完全雇用が達成されている、という状況なのです。つまり、ここから考えられるのは、米国は景気が良く人手不足にあるということです。

 米国の失業率の低さは、コロナの3年間の影響です。米国では財政を刺激するために、国民1人あたり毎月約1,000ドル支給する政策を取ってきました。その結果、しばらく働かなくてもいいだろうという感覚を持つ国民が増えたため、労働参加率が上がってきませんでした。景気後退するのではないかといわれる状況がありながら、雇用が強いことも、見通しを立てにくい要因の1つです。 【次ページ】破綻寸前?「景気後退」の直前に必ず起きる”ある現状”とは

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます