• 会員限定
  • 2023/06/09 掲載

日銀FinTechセンター長が語る決済の進化、根本にある「アンバンドリング」「単純化」とは?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「決済をめぐる変化は利便性の向上、新たなビジネスの機会、経済の成長につながる可能性を秘めている一方で、変わってはいけないこともある」――日本銀行FinTechセンター長の別所昌樹氏は5月15日に開かれたFintech協会主催のイベント「Meetup with BOJでこのように述べました。中央銀行は決済領域の急速な変革とどう向き合っていくのか。そして別所氏が考える「変わってはいけないこと」とは何か。プログマビリティやCBDC(中央銀行デジタル通貨)をめぐる国際的な議論の動向にも話が及んだ講演の模様を伝えます。
photo
日本銀行FinTechセンター長が語る決済の現状と未来とは何か?
(出典:筆者撮影)

決済のアンバンドリング(機能分離)とプログマビリティ

 日本銀行FinTechセンター長の別所昌樹氏は1994年に日銀入行後、ロンドン事務所次長、決済機構局参事役などを経て2021年9月から現職。CBDCの研究を行う国際的な枠組みである「主要中央銀行による中央銀行デジタル通貨の活用可能性を評価するためのグループ」のエキスパートグループメンバーでもあります。

 別所氏は、決済分野における足元のめまぐるしい変化を理解するための重要なキーワードのひとつとして「アンバンドリング」を挙げました。

 アンバンドリングとは、もともと一体的に提供されているサービスや機能を分離し、複数の主体が別々に提供することを意味します。たとえば、フィンテック事業者がオープンAPIを活用し、銀行が提供する決済機能に新しい顧客サービスを付与する場合には、「決済機能を提供する主体」と「決済機能に付随するサービスを提供する主体」を分離するアンバンドリングが行われているといえます。

画像
アンバンドリング:オープンAPI
(出所:日本銀行)

 また、パブリックチェーン上で流通するステーブルコインについては、「発行機能の主体」と、「コインの帰属を記録する主体」が分離されるアンバンドリングにあたります。

 別所氏がここで焦点を当てるのは、スマートコントラクト(契約の自動化)などを通じて資産にプログラムを付与するプログマビリティをめぐる議論です。「(プログマビリティの)注目すべき本質は、一定の条件に基づいて決済が行われるようプログラムする主体が、(決済機能そのものを担う主体との分離によって)アンバンドルされるところにある」と指摘します。

画像
アンバンドリング:プログラマビリティ
(出所:日本銀行)

画像
アンバンドリング:ステーブルコイン
(出所:日本銀行)


 プログマビリティについては、たとえば持ち主が誰であるかにかかわらず、お酒の購入には使うことができないようにするなど、お金にある種の「色」をつける可能性も議論されています。この点について別所氏は「海外の中央銀行の議論を見ていると、CBDCについては、そのような機能を与えるのはよくないのではないかという議論が、かなり広く聞かれるようになってきている」と説明します。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

【次ページ】決済の進化の根本にある「単純化」とは?

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます