• 会員限定
  • 2022/08/19 掲載

プロが指南、下げ相場でしがちな「2つの行動」の代わりにすべき「5つの行動」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
投資家にとっては、市場に連動してポートフォリオの残高が減少し不安になりがちな下げ相場。投資家が下げ相場でできる生産的な行動とは何か。米モーニングスターのパーソナルファイナンス/リタイアメントプランニングのディレクター、クリスティン・ベンツ氏が解説する。

執筆:Morningstar、翻訳校正:FinTech Journal編集部

執筆:Morningstar、翻訳校正:FinTech Journal編集部

photo
米モーニングスターのパーソナルファイナンス/リタイアメントプランニングディレクターであるクリスティン・ベンツ氏

※本記事は、米国モーニングスター社の記事「5 Things to Do During a Bear Market」をもとにFinTech Journal編集部が翻訳・再構成したものです。米国モーニングスターの独占的な権利に属しており、私的利用かつ非営利目的に限定します。また、米国モーニングスター及びその関連会社は、本翻訳記事の利用に関して一切の責任を負いません。

下げ相場(ベアマーケット)とはどのような状況か?

スーザン・ジウビンスキー氏(以下、ジウビンスキー氏):こんにちは、米モーニングスターのスーザン・ジウビンスキーです。下げ相場で投資家がやりがちなことが2つあります。ろうばい売り(株価が急落した際に慌てて売ること)をするか、あるいは逆にポートフォリオの完全無視を決め込むかです。

 この2つの代わりに投資家ができる建設的な行動について、クリスティン・ベンツ氏に話を聞きます。ベンツ氏は、米モーニングスターのパーソナルファイナンスおよびリタイアメントプランニングのディレクターです。こんにちは、クリスティン。ようこそお越しくださいました。

クリスティン・ベンツ氏(以下、ベンツ氏):こんにちは、スーザン。お招きいただきありがとうございます。

ジウビンスキー氏:まず、認識を一致させておきましょう。「下げ相場」とは具体的には何でしょうか。

ベンツ氏:下げ相場はどのアセットクラスにも当てはまる話ですが、株式の場合、株価が最高値を20%下回っているときを下げ相場といいます。S&P 500は2022年6月に下げ相場の域に入りました。実はNASDAQは2022年初めに下げ相場の域に入っています。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます