• 会員限定
  • 2023/04/24 掲載

超高齢社会ニッポンに迫る「超・人手不足」時代……ChatGPTなどAIは救世主になれるか

連載:野口悠紀雄のデジタルイノベーションの本質

記事をお気に入りリストに登録することができます。
少子高齢化によって、日本の労働力は将来減少する。高齢者や女性の労働力率向上が必要だが、生産性が高まるかどうかは疑問だ。一方、日本の経済的地位の低下で、今後は外国人労働者に見放される可能性もある。労働力不足に対処するための強力な施策は、デジタル化の推進だ。ではChatGPTなどのAI技術は、救世主として大きな役割を果たすことはできるだろうか。

執筆:野口 悠紀雄

執筆:野口 悠紀雄

1940年、東京に生まれる。 1963年、東京大学工学部卒業。 1964年、大蔵省入省。 1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを歴任。一橋大学名誉教授。
noteアカウント:https://note.com/yukionoguchi
Twitterアカウント:@yukionoguchi10
野口ホームページ:https://www.noguchi.co.jp/

★本連載が書籍化されました★
『どうすれば日本経済は復活できるのか』 著者:野口悠紀雄
購入サイトはこちら:https://www.sbcr.jp/product/4815610104/

photo
AIは労働力が減少する日本を救うことができるのか
(Photo/Shutterstock.com)

日本の高齢化は「世界断トツ」

 国立社会保障・人口問題研究所の推計(出生中位、死亡中位推計)によれば、15歳から64歳の人口は、2040年に約6000万人となる。これは、2020年の約7400万人の81%でしかない。

 これによって、労働力不足が深刻化する。労働力率が変わらなければ、2040年の労働人口は、2020年時点の労働人口に対し81%まで減少することになる。労働力率を引き上げれば労働力は増加するが、あとで述べるようないくつかの問題がある。

 中国や韓国でも出生率の低下が続いているが、日本の少子高齢化の問題はそれらの国よりはるかに進んでおり、将来の労働力減少も世界に例を見ないほど顕著だ。

 世界銀行のデータによれば、2020年時点の合計特殊出生率は中国で1.28、韓国で0.84となっている。一方、日本は1.34であり、この点では韓国の方が深刻だ。

 しかし高齢化の度合いでは、日本が突出している。

画像
世界の断トツを走る日本の高齢化率。労働力の減少は解決できるか?
(総務省の資料より編集部作成)

 総務省の資料によると、2021年時点における日本の65歳以上人口比率は29.1%であり、世界で最も高齢化が進んでいる。これに対して、中国の65歳以上の人口比率は12.4%、韓国は16.6%だ。

問題だらけの日本政府の「労働力不足」対策

 労働力の減少に対処するために、高齢者や女性の労働力率を向上させることが考えられる。高齢者の労働力活用に関しては、政府が定年制度の見直しなどを進めている。また女性の労働力率向上については、政府が女性の活躍推進や育児支援策を実施している。

 こうした施策によって、数字上では労働力は増加するだろう。しかし、それが生産性の向上につながるかどうかは明らかではない。

 実際、女性の労働力率は上昇しているが、非正規労働者が多い。また高齢者の場合、スキルの問題があり、労働力率の上昇が生産性を下げてしまう危険性もある。

 女性の労働力率引き上げに関しては、家庭や職場での役割分担や働き方の改善が求められる。労働力率は高まっているものの、管理職や専門職への登用が進んでいない。このため、生産性の向上には問題が残されている。 【次ページ】AIは労働力不足を解決してくれるのか?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます