• 会員限定
  • 2022/08/30 掲載

物価上昇率80%でもトルコが「利下げ」を決断したワケ、エルドアン政権の“真の狙い”

記事をお気に入りリストに登録することができます。
トルコが、インフレ率が80%近くに達しているにも関わらず、逆に金利を引き下げるという経済理論とは正反対の金融政策を行っている。トルコはもはや暴走列車と呼ぶにふさわしい状況であり、各国の市場関係者が経済の行方に注目している。トルコの謎の金融政策は、果たして意図的なのだろうか。

執筆:経済評論家 加谷珪一

執筆:経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

photo
インフレ率80%近くに達しているにも関わらず、なぜトルコは利下げに踏み切ったのか。トルコの謎の金融政策は、果たして意図的なのだろうか
(Photo/Getty Images)

インフレと通貨安に対して金利を下げるという驚くべき決断

 トルコ経済は、製造業が脆弱で、サービス業の比率が高く、景気が拡大すると輸入が増えるため経常収支が悪化しやすい。トルコの通貨であるトルコリラは売られることが多く、国内の物価には常に上昇圧力が加わる。

 強権的な政治で知られる保守派のエルドアン大統領は、「かつての栄光を取り戻す」という壮大なビジョンを掲げ、大統領に就任。力強い経済を標榜し、バラマキ型の政権運営を続けてきた。このためインフレが加速し、2010年代前半に8%だった物価上昇率は、2021年には30%台まで上昇。トルコリラは対ドルで大幅に下落した。

 本来であれば金利を上げることによってインフレと通貨下落を阻止する必要があるが、エルドアン氏がとった行動は驚くべきものだった。同氏はインフレが進んでいるにも関わらず金利の引き下げを中央銀行に要請。反対する幹部を相次いで更迭し、金利の引き下げを断行した。

 この結果、2021年3月時点では19%だった政策金利は引き下げられ、2021年の12月には14%にまで低下。案の定、インフレはコントロール不能の状態となり、直近の物価上昇率は前年同月比で79.6%と8割に近い水準まで上昇した。だがエルドアン氏はこうした状況になっても、金利の引き下げを強く主張しており、2022年8月にはさらに1ポイントの引き下げが決まった。ここまで来るとトルコは完全に暴走列車の領域と言って良いだろう。

 世界には、物価上昇という問題に直面しても、制御できないインフレに陥る国と、そうならない国とに分かれる。たとえばロシアはインフレになりにくい国の典型である。ウクライナ侵略に伴う各国の経済制裁によって、ロシアは猛烈なインフレが危惧されたが、金利の引き上げを強行するとともに、厳格な外貨管理を実施することで何とかインフレ押さえ込むことに成功した。一方、トルコのように、理論とは逆の政策を実施し、インフレを拡大させている国もある。トルコもロシアも大統領が強権的という点では同じだが、この違いはどこから生じるのだろうか。

画像
世界には、物価上昇という問題に直面しても、制御できないインフレに陥る国と、そうならない国とに分かれる
(Photo/Getty Images)

あえてインフレを放置している?

 インフレを繰り返す国として有名なのは中南米諸国である。アルゼンチンは過去に何度もハイパーインフレに見舞われているし、ベネズエラも制御できないインフレが進行中である。しかしながら、中南米諸国とトルコには大きな違いがある。それはインフレそのものに対する根本的な認識の違いである。

 中南米諸国の場合、インフレを止められないのではなく、社会全体として過度なインフレも許容するような風潮がある。農作物輸出が中心の経済構造であり、基本的に通貨が安くなることは輸出事業者にプラスになるとの考え方が根強い。日本でも輸出競争力を強化するため、円安を強く望む風潮が一部にあるが、基本的な図式は同じである。土地所有者が経済の中核を担っており、インフレが進んでも土地の価格は同じように上昇するため、インフレに対してあまり警戒感を持っていない。

 政権側もこうした事情をよく理解しており、国民の人気取りを目的に大型の財政出動を繰り返し、結果として生じるインフレを放置している面がある。アルゼンチンでは、小麦粉の価格高騰を受けて、低所得者を中心に大規模なデモが発生しており、一部の国民はインフレに対して強く反発している。しかしながら、インフレに対して激しい抵抗感を持つロシアのような国民性とは異なり、社会全体としてインフレに対して寛容であるのは間違いないだろう。

 ちなみにインフレが進むと、国民の預金は物価上昇分だけ毀損する一方、政府債務は物価が上がった分だけ軽減されていく。つまりインフレが進めば、国民が持つ預金から政府に所得が移転するので、インフレは事実上、増税として機能する。だが多くの国民はそのメカニズムに気付かないため、為政者の中には、お金をバラ撒いてインフレにしてしまった方が手っ取り早いと考える人も多い。中南米諸国は基本的にこうしたメカニズムで動いている。

【次ページ】権力を使って専門家を排除

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます