• トップページ
  • 日銀の買いすぎた「50兆円の日本株」はどうすべき? 次期総裁に託された「大問題」

  • 会員限定
  • 2022/09/29 掲載

日銀の買いすぎた「50兆円の日本株」はどうすべき? 次期総裁に託された「大問題」

【連載】井出真吾の「株式市場を読み解く」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本銀行が保有するETF(上場投資信託)は2022年3月末時点で51.3兆円に上る。これはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の日本株保有額(2022年3月末時点で49.5兆円)を超えるほどの金額だ。これほど日本株を買った日銀の政策の是非はさておき、ここでは中長期的に日銀ETFの出口戦略を考えたい。

執筆:ニッセイ基礎研究所 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾

執筆:ニッセイ基礎研究所 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾

1970年生まれ。東京工業大学卒業。1993年日本生命保険相互会社入社、1999年(株)ニッセイ基礎研究所、2018年より現職。研究・専門分野は、株式市場・株式投資。主な著書に『ROEを超える企業価値創造(日本経済新聞出版社)』などがある。日本証券アナリスト協会検定会員、日本ファイナンス学会会員、1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)

画像
図表1:時価50兆円を超える日銀のETF保有額
(資料)累計買入額は日銀、時価と含み損益は筆者推計
(注)2022年3月末時点
(出典:筆者作成)

日本株を買いまくった日銀

 日本銀行は2010年12月から金融政策として日本株式のETF(上場投資信託)を買い入れている。当初の買入限度額は年間4,500億円程度だったが、2013年4月に黒田東彦総裁体制下で「異次元緩和」がスタートすると年間1兆円に増加、その後も3兆円(2014年10月)、6兆円(2016年7月)と段階的に増やしてきた。

 2021年4月に、原則的な買い入れペースの目途はなくなったものの、日銀が保有するETFは2022年3月末時点で51.3兆円にのぼる(図表1)。この金額は、世界最大級の機関投資家であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の日本株式保有額(22年3月末時点で49.5兆円)をも超えている。累計買入額36.6兆円(簿価)との差額14.7兆円は含み益だ。

画像
現在、日銀の日本株の時価総額51.3兆円。累積購入額は36.6兆円(簿価)との差額14.7兆円が含み益となっている
(Photo/Getty Images)

黒田総裁から次期総裁に託された「大問題」

 日銀がETFを保有し続けても法的な問題はない。とはいえ、政策目的で大量の株式を保有する中央銀行は世界中で日銀だけである。極めて異例の政策であることは明らかだが、黒田総裁は現状維持を貫く姿勢だ。

 だが、その黒田総裁も2023年4月に任期満了を迎える。次期総裁・副総裁は時価50兆円を超えるETFの“処理”という難題を抱えることになるが、悩ましいことにETFには満期がない。国債のように満期があれば時間の経過とともに償還され日銀のバランスシートから自然消滅するので、時間さえ掛ければ正常化できるという考え方が成り立つかもしれない。

 満期のないETF保有を減らすためには、日銀は“売る”というアクションを起こさなければならない。仮に株式市場で売却すれば、市場への影響は計り知れない。だからこそ日銀ETFの出口戦略を議論することは重要なのだ。

 具体的にどのような出口戦略が考えられるだろうか。ここからは、複数考え得る出口戦略の1案として、中長期的に日本経済の底上げに寄与する日銀ETFの活用法を考える。

【次ページ】日本経済にもメリットがある? 日銀のETF出口戦略案とは

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます