ようこそゲストさん

  • トップページ
  • 1時間で1.7億円を売り上げる、オートミールをバズらせた創業者の合理的すぎる戦略

  • 会員限定
  • 2021/11/17 掲載

1時間で1.7億円を売り上げる、オートミールをバズらせた創業者の合理的すぎる戦略

記事をお気に入りリストに登録することができます。
前編では、中国のビジネスシーンにおけるジェンダー格差の実状をレポートした。各種調査のデータから女性の出世ハードルが視覚的にも示される中、企業での出世に見切りをつけ、起業をして成功する女性が増えている。その1人で、中国を代表する女性起業家である姚婧(ヤオ・ジン)氏は、健康食品の会社「王飽飽」(ワンバオバオ)を創業した。同社は、アリババが主催する世界最大のECセール「独身の日」では1時間で約1.7億円を売り上げるなどの成功を収めている。この輝かしい実績を導いた裏側には、消費者目線の商品企画とマーケティング手法があった。

執筆:ITジャーナリスト 牧野武文

執筆:ITジャーナリスト 牧野武文

消費者ビジネスの視点でIT技術を論じる記事を各種メディアに発表。近年は中国のIT技術に注目をしている。著書に『Googleの正体』(マイコミ新書)、『任天堂ノスタルジー』(角川新書)など。

画像
創業者らはどのような戦略を編み出したのか?(写真はイメージです)
(Photo/Getty Images)


中国を代表する女性起業家はどう成功した?

 「王飽飽」(ワンバオバオ)の創業者、姚婧(ヤオ・ジン)氏は、会社での出世を見限り、起業して成功した女性起業家の1人だ。

 オートミール健康食品「王飽飽」を主力商品とし、2019年の11月11日のEC「天猫」(Tmall)独身の日セールではわずか1時間で1,000万元(約1.7億円)を売り上げ、総合売上でもシリアル食品部門の1位となった。その売れ行きだけでなく、商品開発やマーケティングが今までにないもので、手法にも注目が集まり、メディアが女性起業家の特集を組むと、必ずと言っていいほど登場する起業家だ。フォーブズ中国の「2021Forbes China Up-and-Coming Businesswomen List」20名にも選ばれている。

 王飽飽が注目されている理由は、売上面の成功だけではなく、その手法だ。SNSを駆使して、消費者のニーズを先に把握し、それから商品を企画するという普通とは逆ルートで起業をした。

 創業者のヤオ・ジン氏は、大手通信会社に10年間勤務したが、企業の中で生きていくことに限界を感じ、輸入化粧品の代理購入ビジネスを始め成功をしていた。単に安く販売をするだけでなく、自身でも美容関係の知識をSNSで披露するなどして、人気の網紅(ワンホン=インフルエンサー)となっていた。


ファンをつくって、ファンが欲しいものを売る

 次のビジネスを手がけたいと思うようになり、友人の何亜渓(フー・ヤーシー)氏に相談をした。中国移動に勤める傍ら、美容とグルメの情報発信をし、彼女自身も網紅として活躍をしていた女性だ。

 彼女に「どんな商品を売ったらいいと思う?」と尋ねると、フー・ヤーシー氏は「売る商品を決めるよりも、私たちのファンをつくることの方が重要だ」と主張する。先にファンをつくり、そのファンが欲しいものを売ればいいのだと言う。

 そこで2人は、アリババで消費者の行動分析をしているアナリストの徐丹青(シュー・タンチン)氏を仲間に加え、ヤオ・ジン氏の化粧品関連のファン、フー・ヤーシー氏の美容とグルメのファンの発言を、シュー・タンチン氏の手法で分析するところから始めた。顧客は必然的に若い女性が多くなる。


 そこから見えてきたのが、「食べることが大好き」「食べると太るのが怖い」という矛盾した感情だった。ファンの発言の中で、最も大きな矛盾だと感じ、この矛盾を解決できる商品=食べても太らない健康食品があれば売れると考えた。そこで着目したのがオートミールだった。オートミールは燕麦(オート麦)を使ったシリアル食品で、栄養バランスがいいのに低糖質であり太る心配がない。しかし、最大の欠点はおいしくないことだった。食べすぎると胸焼けがする。

 そこで、協力してくれる食品製造企業を探し、3人は工場に通い詰め、さまざまな方法を試した。その試行錯誤から低温焙煎処理にたどり着く。要は、軽く焙煎をする処理だ。これで香ばしく口当たりがよくなり、牛乳やヨーグルトに浸さずそのまま食べてもスナックとして楽しめる。さらに、オートミールにドライフルーツなどをミックスした。これで味と栄養バランスがよくなり、さらに見た目もよくなる「映える」食品となった。

画像
王飽飽はオートミールにドライフルーツなどを合わせた「おいしいけど太らない」シリアル食品
(出典:淘宝網王飽飽旗艦店)

 しかし、製造が大きな問題になった。3人が計画している規模の生産量では、大手食品企業では規模が小さすぎて受けてもらえない。小さな食品工場を探すと、今度は品質と納期が合わない。

 だったらと、3人は自分たちで工場をつくることにした。浙江省杭州市臨安区に手頃な物件を見つけ、そこに食品製造設備を入れた。しかし、最も重要な食品安全検査の専門家を雇う資金的な余裕はなく、誰もいない工場で、食品安全法を3人で勉強する日が1カ月も続いたという。

【次ページ】インフルエンサーマーケティングの草分けに

あなたの投稿

関連コンテンツ

【日本初】クレカ大手3社が「標準料率」を開示した理由、経産省と公取の狙いとは?

少し考えてください
日本で発行したクレジットカードを日本の加盟店で利用した売り上げに対して
なぜアメリカ等のブランドにインターチェンジフィーを支払うのですか?
これに気が付いた韓国は国を挙げてブランドに交渉をしてきました
日本ではブランドとの奴隷制度にのっとりこの契約を維持してきました
住友銀行とビザとの最初の契約が歴史的な奴隷契約でした
スマホで直接決済ができるようになり今がブランドとの契約見直しの
絶好のチャンスですがJCBはイシュアーとアクアリングをしてますが
会社にアクアリングの意識がないので本当のカードビジネスがわかっていません
是非今の皆さんでこの機会にブランドからの独自に日本のカードビジネスを創り上げるようにお願いします支払回数が1回ユーザー手数料が取れない年会費もない
決済代行会社もあり歴史を勉強して日本独自のカードビジネスをぜひ創り上げてくださいアメリカと比較しても解決にはなりませんユーザー基盤が違います
今がチャンスです
経産省も担当者が変わることで深い考察ができません
歴史は銀行がイシュアーになれず新しく銀行の下にカード会社を創ったことから始まりました今は中途半端にデビットカードが銀行本体で発行できるようになりましたがすべてが付け焼刃です
私はいつでも応援します私が今までできなかったことをぜひ皆さんで実現してください
いつでも連絡いただければ私が考えて構想はお話します
頑張ってください!

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます