• トップページ
  • トヨタやソニーら過去最高益、それを支えた「賃金・賞与変動なし」のカラクリ

  • 会員限定
  • 2022/06/06 掲載

トヨタやソニーら過去最高益、それを支えた「賃金・賞与変動なし」のカラクリ

連載:野口悠紀雄のデジタルイノベーションの本質

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業活動の動向を見るための最も重要な指標が、付加価値(粗利益)だ。コロナ禍で落ち込んだ売上高が経済活動の再開によって2021年には回復したが、それに合わせて付加価値も回復した。これによって、企業利益も回復し、上場企業は2022年3月期の純利益で過去最高を記録した。しかしこれら付加価値を合計したGDP(国内総生産)も、賃金・賞与もまったく伸びていない。なぜこのようなことが起きるのか、また今後の付加価値はどう推移していくのか。

執筆:野口 悠紀雄

執筆:野口 悠紀雄

1940年、東京に生まれる。 1963年、東京大学工学部卒業。 1964年、大蔵省入省。 1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを歴任。一橋大学名誉教授。
noteアカウント:https://note.com/yukionoguchi
Twitterアカウント:@yukionoguchi10
野口ホームページ:https://www.noguchi.co.jp/

★本連載が書籍化されました★
『どうすれば日本経済は復活できるのか』 著者:野口悠紀雄
購入サイトはこちら:https://www.sbcr.jp/product/4815610104/

photo
なぜ、企業の付加価値が回復しても、GDPや賃金・賞与は伸びていかないのか
(Photo/Getty Images)

「付加価値」は企業活動や賃金動向で“重要すぎる”指標

 企業の経営状況を知るための最も重要な指標が「付加価値」だ。これは、売上高から売上原価を引いたもので、「粗利益」とか「売上総利益」と呼ばれることもある。

 付加価値は、賃金・賞与と企業利益などに配分される。したがって、利益や賃金がどのように変動するかは、付加価値の動向によって決まる。

 そして企業などが生産する付加価値を合計したものが、GDP(国内総生産)だ。これは、国全体の経済活動を測定する最も基本的な指標だ。

 ところで、国全体の経済活動を見るにはGDPという付加価値の概念を用いる一方で、企業活動を見るために企業の付加価値を見ることは、あまりない。

 普通用いられるのは、営業利益、経常利益、純利益、EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)などの指標だ。そして、これらを使って、売上高利益率、PER(株価収益率)などの指標が計算され、分析される。企業を投資の対象として見ているために、このような指標が注目されるのだろう。

 しかし、企業活動そのものを見るには利益関連の指標よりも、その元となっている付加価値を見ることが適切だ。特に、賃金・賞与の動向を知るためには、付加価値を見ることが重要だ。

 また、最近のように原材料価格が高騰している時には、それが企業の付加価値にどのように影響するかを見る必要がある。

付加価値が7%超増加、でも「賃金とGDPが伸びない」という矛盾

 企業の付加価値は、この数年間に大きく変動した。また、今後も変動すると予測される。

 下図で示すように、2020年から2021年にかけては、新型コロナウイルスの影響で経済活動が制約されたため、売上高が落ち込み、付加価値が減少した。

画像
付加価値が回復(上昇)したのにもかかわらず、賃金が変わっていないという矛盾が起きている

 その後、コロナ禍での制約が緩和されたことによって売上高が増加し、付加価値が回復した。法人企業統計調査によると、全産業、全規模で、2021年の付加価値は、2020年より7.8%増加した。

 これによって、企業利益が増加した。特に、上場企業の利益増は顕著だった。ところが、GDPの回復は遅れているし、賃金も伸びない。これらは、矛盾した動きに見える。

 さらに、21年秋からは、原材料価格の高騰などの影響で輸入価格も高騰し、売上原価が増加している。これが付加価値を減らす危険がある。

 ここからは、このような問題を見ることにする。

【次ページ】トヨタやソニーが過去最高の営業益、円安ではない最大の理由とは

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます