• トップページ
  • 銀行
  • 地銀
  • なぜ、米国はまだまだ「利上げ」が必要なのか? 常識を歪ませる“世界のある事実”

  • 会員限定
  • 2023/12/01 掲載

なぜ、米国はまだまだ「利上げ」が必要なのか? 常識を歪ませる“世界のある事実”

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
日米の金融政策が重大な転換点を迎えつつある。米国は金利上昇が打ち止めになるのか見定めるタイミングに差し掛かっており、一方の日本はいよいよゼロ金利の解除を視野に入れ始めた。日米の金融政策の違いは為替に大きな影響を与えるだけでなく、株価にも大きな影響を及ぼすだろう。
photo
日本と米国の金融政策が重大な転換点を迎えつつある
(写真:ロイター/アフロ)

市場は日銀ではなくFRBを見ている

 日銀は2023年10月31日の金融政策決定会合において、1%としてきた長期金利の上限を事実上、撤廃し、金利を市場に委ねる決定を行った。これまで日銀は長期金利について0.5%をメドとし、1%を超えないよう無制限の指し値オペを実施するという施策を続けてきた。

生成AIで1分にまとめた動画
 市場は長期金利について1%程度が妥当と考えており、金利はジワジワと上昇を続け、金融政策決定会合の直前には0.9%を超えるなど、日銀の金融政策と市場の実態が乖離する状況となっていた。日銀はこうした状況に耐えきれず、1%での指し値オペ取りやめを決定し、1%超えを容認する形となった。

 市場と日銀の乖離が解消されたことから、決定会合後の金利は落ち着いているが、今後の金利は日銀ではなく市場が決めることになるため、中長期的には1.5%から2%が視野に入り始めたと見て良いだろう。

 同じタイミングで米国の金融政策も転換点を迎えつつある。

 日銀とほぼ同日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では金利の据え置きが決まった。今回の会合では再度利上げが行われる可能性もあったが、現状維持を優先し、利上げは見送られた。市場ではもう1回、もしくは2回の利上げが行われるとの予想が多く、パウエル議長も今後の利上げに含みを残す発言を起こっているものの、利上げは打ち止めとの見解も増えてきている。少なくとも、立て続けに金利を上げていく環境ではなくなったことは間違いないだろう。

画像
日銀の植田総裁は踏み込んだ発言をしたものの、為替市場は動じなかった。市場は日銀の金融政策や日本の金利より、米国の景気や金利の動向に着目しているかもしれない…
(Photo:slyellow / Shutterstock.com)

 今回の決定を受けて、日本の長期金利が上昇する可能性が高まったことから、円高に戻すとの予想もあったが、為替市場はあまり反応しなかった。11月に入って日銀の植田総裁は、従来の物価見通しに誤りがあったことを認めるとともに、緩和の解除を判断する際、「実質賃金プラスは必ずしも必要でない」などかなり踏み込んだ発言を行っている。それでも為替市場は大きく動かなかった。

 むしろ150円を割ったのは、金融政策決定会合後に発表された米国の雇用統計などがきっかけとなっており、市場は日銀の金融政策や日本の金利ではなく、米国の金利あるいは景気動向に着目していることが分かる。 【次ページ】米国の金融正常化はまだ不十分と言える理由

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます