• トップページ
  • 【現地取材】Finovate Europe 2022、日本が知らない「有力受賞企業」の共通点とは?

  • 会員限定
  • 2022/04/13 掲載

【現地取材】Finovate Europe 2022、日本が知らない「有力受賞企業」の共通点とは?

FINOLABコラム

記事をお気に入りリストに登録することができます。
フィンテック関連スタートアップの老舗ピッチイベントであるFinovateの欧州開催が、コロナによるオンライン開催を経て、2年ぶりにロンドンでリアル開催された。パネル登壇も含めた現地での筆者の取材によって、フィンテックに関する最近の議論とコンテスト受賞スタートアップの内容からみた新しいトレンドにふれていきたい。

執筆:FINOLAB Head of FINOLAB 柴田 誠

執筆:FINOLAB Head of FINOLAB 柴田 誠

FINOLAB設立とともに所長に就任。東大経済学部卒、東京銀行入行、池袋支店、オックスフォード大学留学(開発経済学修士取得)、経理部、名古屋支店、企画部を経て1998年より一貫して金融IT関連調査に従事。2018年三菱UFJ銀行からMUFGのイノベーション推進を担うJDDに移り、オックスフォード大学の客員研究員として渡英。日本のフィンテックコミュニティ育成に黎明期より関与、FINOVATORS創設にも参加。

photo
Finovateにみるフィンテックトレンドとは
(出典:Finovate Europe)

伝統的フィンテックイベントFinovate Europeとは?

 3月22~23日にロンドンで開催されたFinovate Europe 2022は、英国でのコロナ関連制限がすべて解除された後に執り行われた。

 入場にワクチン接種の証明書もしくはPCR検査などの陰性証明提示が求められたものの、開催場所となったインターコンティネンタルO2ホテルに集まった数百名のほとんどが、会場内でマスクをしていなかった。日本からの参加にあたっては、ウクライナ侵攻の影響でロシア領空を回避したこともあり片道17時間ほどかかることになったが、現地での有識者との交流で得るものは多かった。

 初日は、参加各社による7分ずつのピッチが次々と行われ、夕方には参加者の投票による受賞企業の発表が行われた。2日目は、フィンテックの最新動向にてついて、金融機関、IT企業、フィンテック企業、規制当局担当者、アナリスト、投資家などによる講演、パネルディスカッションが展開された。2年前に参加した時と比較して、アメリカやアジアからの参加者はかなり少なかった印象ではあるが、欧州各国からの参加者は相当数集まっていた。

 こうした金融系のイベントとしては久々のリアル開催だけあって、今後の開催動向に影響を及ぼすものと思われるが、国際金融都市ロンドンでは4月以降従来通りに開催されイベントが増えるものと見込まれる。

Finovate Europeでの「DXをめぐる認識」

 イベント中、多くのセッションにおいて金融業界全体でデジタルトランスフォーメーション(DX)への取組みが注目されていた。特に、個別プロセスのデジタル対応(Digitize)と業務全体のデジタル化(Digital Transformation)を区別し、既存金融機関におけるプロジェクトが前者の域を出ていないケースが多いという指摘が何度もあった。

 あわせて、経営レベルでの意識改革とともに、組織全体の文化を変革しないとDXの成果が得られないという議論も繰り返し行われた。多くの欧州金融機関においてはリストラが進んでおり、DXと効率化がセットで語られることが多い。

 コロナ禍によって組織内と顧客いずれもコミュニケーションが希薄になってきたと感じている実務担当者は多く、デジタル化とともの顧客接点の充実をどのように実現していくのかが大きな課題となっている。

決済ビジネスの変遷を振り返る

 筆者が登壇したパネルは「先進技術、新しい競争やビジネスモデルが決済の未来をどのような変化をもたらすのか? 決済統合は今が旬か?」というタイトルで、欧州(ドイツ銀行のアナリスト)、アフリカ(暗号資産取引企業のCEO)、英国(決済業界団体の委員長)と議論を行うこととなった。

 パネルにおいては世界的にスマートフォンの利用が大きくリテール決済に変化をもたらしつつあることに加え、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が各国で話題になっており、世界的に決済インフラに変化がもたらされる予兆が生まれている点について意見が交換された。

画像
決済の未来に関するパネルに参加する筆者(左端)

 また、JP Morganの「Payment are eating the World」(ブラウザNetscapeを作ったマーク・アンドリーセン氏が2011年に言った「Why Software Is Eating The World」のもじり)というレポートを書いたジェレミー・バルキン氏が登壇。同行が英国でデジタルバンクを開始、アイルランド、ギリシャ、ドイツで大規模な投資を行うなど、欧州マーケットでのプレゼンスを高めていることにふれ、以下のようにコメントした。

「かつてはつまらないと考えられていた決済は、デジタル化の進行とともに、地理的制約からの解放とデータ利用の両面からボーダーレスになってきており、非常にアクティブなビジネスとなっている」(バルキン氏)

【次ページ】日本人が知らない先進フィンテック、「Best of Show」はどこか?

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます