• 会員限定
  • 2022/10/03 掲載

メディア大注目 「草ストロー」事例に学ぶ、学生起業成功のための5つのポイント

記事をお気に入りリストに登録することができます。
学生起業は孤独で不安も多い。筆者も学生時代に起業した際は、誰にも相談できず悩んだ経験がある。ただ、学生起業はメリットも多く、起業相談機関や支援団体もある。起業を考える学生には、「いつでも相談できる人物がいる」ということを忘れないでほしい。起業を考える学生に向けて、学生起業の2つの成功事例と、起業に際して抑えるべき5つのポイントを紹介する。

執筆:シニアジョブ 代表取締役 中島康恵

執筆:シニアジョブ 代表取締役 中島康恵

50代以上に特化した人材紹介、人材派遣を提供するシニアジョブ代表取締役。1991年、茨城県生まれ。少年~学生時代はサッカーに打ち込み、J1のユースチームで活躍。大学在学中に仲間を募り、シニアジョブの前身となる会社を設立。2014年8月、シニアジョブ設立。当初はIT会社を設立したが、シニア転職の難しさを目の当たりにし、シニアの支援をライフワークとすることを誓った。売上前年比が最高で300%に及ぶ成長を続け、現在に至る。専門紙を中心にシニアの転職・キャリアプラン、シニア採用等のテーマで連載・寄稿中。

photo
合同会社HAYAMI 業務執行社員 大久保 迅太氏(右)、代表社員 大久保 夏斗氏(左)
学生起業相談に来社後、2020年にベトナムからの草ストローの輸入販売事業を開始
(写真:筆者提供)

シニア転職のプロが学生向け起業相談をする理由


「起業や副業についてはアドバイスしてないのですか?」

 シニア専門の転職支援を6年以上続けていると、こう聞かれることがよくあるが、結論から言うと、起業や副業についてもアドバイスをしている。ただ、会社のサービス提供はあくまでもシニアの転職支援なので、起業相談は、私が個人的にボランティアで2019年から提供している。

 そして、私が起業相談に乗る対象は、学生だ。

 なぜ、シニア転職支援会社の社長なのに学生の起業相談を受け付けているのか? それは私自身も学生起業家だったからだ。起業とその後には、想像を超える大変なことがいくつも発生したし、当時、同じ目線で相談に乗ってくれる人はいなかったため、学生の不安や解決の悩みを手伝いたいと思っている。

 また、コロナでアルバイトが無くなるなどし、資金難から退学する学生が出ているというニュースが2020年にあった時には、アルバイトだけでなく起業によってもまたお金を得られることを伝えたいとも思った。

 少しでも起業を考える学生に、私の経験や知見が役に立てばとの思いから始め、今までにたくさんの学生が相談に訪れている。

 個人的な活動でもあり、これまでは公開することのなかった起業アドバイスだが、コロナ以降の混迷する時代の中で少しでも若い起業家の後押しになればとの思いからいくつかアドバイスしたい。

「奇想天外」な挑戦、起業までの道のり

 ここでまず、私自身の起業エピソードをご紹介しよう。私が起業したのは2013年、大学4年の時だった。メンバーと資金がそろった後の12月頃、住居兼職場として4人の創業メンバーが集い、暮らした渋谷の4畳半のアパートで、いずれ上場してビッグになることを誓った。ちなみに会社としての登記は、卒業後の翌2014年だ。

画像
4畳半のアパートで生活・仕事を共にした創業期の一幕
(写真:筆者提供)

 起業エピソードは何度か取材でもお話ししていて、自分で言うのも何だが、かなり独創的なことをした。創業資金を出資してもらうために、「就活の社長面接」の際に経営者にプレゼンテーションする機会をいただいた。内定代わりに資金提供をお願いし、退席させられること15社。16社目の経営者とその方が紹介してくれたもう1名が出資してくれた。

 創業メンバーについても「優秀なメンバー」を確保するため、東大を始めとした難関大に潜入し、教室や食堂で話しかけて距離を縮め、勧誘した。実際、創業メンバーの一人は東大生だった。

 これらの私の起業エピソードは「奇想天外」だと言われるが、誰かが教えてくれたものではなく、自分で工夫して実践したものだ。社会人経験をせず、学生からいきなり経営者となると、ほとんどすべて未経験からの挑戦となる。

 その他にもたとえば、自社に飛び込み営業に来た他社の営業パーソンの言動を参考にしたこともあった。相談する人も多くいないので自分一人で工夫して決断しての繰り返しだった。

 大きい悩みである、「起業した事業がうまくいかなかったら、どんな対策を打つのか? どこで見切りをつけるのか?」といったことを相談できる相手もいないので、起業前には不安に感じるだろう。

 だからこそ私は、起業への興味や志を持った学生の方の相談に乗ることで、「いつでも相談できる人物がいる」という安心感を持ってほしいと思っている。

 具体的な起業プランの細部について相談されるケースもあるが、起業前の学生の方の場合、「背中を押すこと」が私の役割のメインとなることが多い。学生が起業を宣言し、具体的なアクションを開始する。私の起業経験を話すことが、少しでも起業を考える学生のそうした行動につながればと思っている。

 続いて、私のもとに起業相談に訪れ、その後、起業したビジネスをさまざまなメディアに取材される注目ビジネスへと成長させ、現在はさらに新たなビジネスを準備している中央大学出身の若き起業家の例をご紹介しよう。

【次ページ】若き起業家の躍進、起業を考える学生が抑えるべき5つのポイント

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます