ようこそゲストさん

  • トップページ
  • なぜウォルマートは銀行業に執着するのか、フィンテック参入は「当然」のワケ

  • 会員限定
  • 2021/02/10 掲載

なぜウォルマートは銀行業に執着するのか、フィンテック参入は「当然」のワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
オンライン開催となったCES 2021で基調演説を行ったウォルマート。家電ショーの基調演説に小売企業のウォルマートが選ばれたのは、同社が流通やさまざまな事業を通して現在ではテック企業としても認識されているからだという。2020年はコロナ禍でアマゾンと共に勝ち組となった同社は、今後、金融部門をさらに充実させていく構えだ。

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住のジャーナリスト。同志社大学卒、ボストン大学コミュニケーション学科修士課程修了。テレビ番組制作を経て1990年代からさまざまな雑誌に寄稿。得意分野は自動車関連だが、米国の社会、経済、政治、文化、スポーツ芸能など幅広くカバー。フランス在住経験があり、欧州の社会、生活にも明るい。カーマニアで、大型バイクの免許も保有。愛車は1973年モデルのBMW2002。

画像
1月11日、リビット・キャピタルと提携してフィンテック分野のスタートアップを設立すると発表したウォルマート。その思惑とは?
(写真:AP/アフロ)


アマゾン化するウォルマート

 ウォルマートは全世界に1万1000店舗を展開、従業員数は200万人を超える、世界最大の小売業大手だ。

 同社CEO、ダグ・マクミロン氏はCESの基調演説の中で、「ウォルマートはサプライチェーンに多くのテクノロジーを導入している。データ分析やロボティクスなどを積極的に活用し、顧客の買い物、デリバリーにかかる時間を短縮するためのさまざまなコネクテッド・エコシステムを構築している」と語った。

画像
オンラインで開催された「CES 2021」で基調講演をするウォルマートCEOのダグ・マクミロン氏

 たとえば同社は2020年9月、「Walmart+(ウォルマートプラス)」という新しいサービスをローンチした。これはアマゾンにおける「アマゾンプライム」に匹敵するサービスだ。

 年会費98ドルもしくは月会費12ドル50セントを支払うことで、無制限の無料デリバリー、スキャン&ゴー(ウォルマートアプリを使い、店舗での買い物時にスマホを使って自分で商品をスキャン、支払いもウォルマート・ペイで行えるサービス)、全米2000の店舗およびマーフィUSAのガソリンスタンドで、1ガロンあたり5セントのガソリン料金割引などが受けられる。

画像
ウォルマートのeコマース売上の変化
(出典:GeekWire社)

 アマゾンプライムと比較すると、無料デリバリーは同じで、プライムにはビデオサービスがあるがウォルマートプラスにはない。しかし、実店舗を持つウォルマートならではの強みもある。特にガソリンの割引はホールセール大手のコストコも行っており、人気の高いサービスだ。

 金融商品としてはウォルマートマネーカードもある。これはプリペイド方式のデビットカードで、ウォルマートに設置されたキオスクで簡単に入金することができ、ウォルマートのウェブサイトやアプリ、店舗での買い物が割引される。また、給与の振込先をこのカードに設定することで、通常の給与日よりも2、3日前から現金が利用できるなどのメリットがある。

 さらに、ウォルマートのマネーカードは通常の銀行と異なり、口座を開くのにクレジットヒストリーのチェックがなく、オーバードラフトへの罰金や最低課金制度もない。口座維持にかかる手数料もなく、利用しやすい環境となっている。

ウォルマートがフィンテックに注力する理由

 このようにほとんど銀行業務に乗り出しているウォルマートが、フィンテックにより重みを置くのも当然と言える。

 同社は1月11日、リビット・キャピタルと提携して新たなフィンテックのスタートアップを設立すると発表した。リビット・キャピタルは若者に人気のスマホアプリによる株式投資を提供するロビンフッドの親会社でもある。


 まだスタートアップの名称やサービス概要、サービス開始時期などは発表されていないが、同社は「自社の従業員および顧客に対し、ユニークで安価な金融商品を開発するのが目的」としている。

 ウォルマートUSのCEOであるジョン・ファーナー氏は、「我社の顧客は、低価格で商品を提供し、さらに金融ニーズにも応えるウォルマートへの信頼度を高めている。顧客の側から、もっと金融商品を充実させてほしいという要望がある」と語る。

【次ページ】一度断念した銀行業務への再挑戦

あなたの投稿

関連コンテンツ

【日本初】クレカ大手3社が「標準料率」を開示した理由、経産省と公取の狙いとは?

少し考えてください
日本で発行したクレジットカードを日本の加盟店で利用した売り上げに対して
なぜアメリカ等のブランドにインターチェンジフィーを支払うのですか?
これに気が付いた韓国は国を挙げてブランドに交渉をしてきました
日本ではブランドとの奴隷制度にのっとりこの契約を維持してきました
住友銀行とビザとの最初の契約が歴史的な奴隷契約でした
スマホで直接決済ができるようになり今がブランドとの契約見直しの
絶好のチャンスですがJCBはイシュアーとアクアリングをしてますが
会社にアクアリングの意識がないので本当のカードビジネスがわかっていません
是非今の皆さんでこの機会にブランドからの独自に日本のカードビジネスを創り上げるようにお願いします支払回数が1回ユーザー手数料が取れない年会費もない
決済代行会社もあり歴史を勉強して日本独自のカードビジネスをぜひ創り上げてくださいアメリカと比較しても解決にはなりませんユーザー基盤が違います
今がチャンスです
経産省も担当者が変わることで深い考察ができません
歴史は銀行がイシュアーになれず新しく銀行の下にカード会社を創ったことから始まりました今は中途半端にデビットカードが銀行本体で発行できるようになりましたがすべてが付け焼刃です
私はいつでも応援します私が今までできなかったことをぜひ皆さんで実現してください
いつでも連絡いただければ私が考えて構想はお話します
頑張ってください!

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます