• 会員限定
  • 2022/09/18 掲載

円安で申込数急増の「外貨預金サービス」、それでも銀行は喜んでいられない事情

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本円ではなく、ドルなどの外貨で預金を行う外貨預金の申し込みが増えている。背景にあるのは円安の進展で、為替が安くなる局面において外貨で預金することは合理的な選択と言えるだろう。実は外貨預金の拡大は金融機関側とっても大きなメリットがある。それは今後、不足が懸念されるドル資金の確保である。

経済評論家 加谷珪一

経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

画像
国内金融機関が外貨預金サービスを強化している理由とは?
(Photo/Getty Images)


申込が急増する「外貨預金サービス」

 外貨預金はすでに多くの金融機関がサービスを提供しており、資産運用に積極的な顧客層を中心に、以前から一定のニーズが存在していた。だが、ここ半年で新規に申し込んだ顧客のほとんどは、急激に進む円安をきっかけに預金を決断した可能性が高い。特に利用が増えているのが、より高い金利を得られる外貨定期預金である。

 新生銀行やソニー銀行など、外貨定期預金を積極的に展開している金融機関の預け入れ額はここ半年で急増した。日米の金融政策の違いによって両国の金利には大きな差が付いており、ドルの定期預金にすれば2%以上の金利がもらえるケースも多い。

 日本円では定期預金にしてもほとんど金利がつかないことから、ドル預金の魅力が増しているという図式だが、外貨預金には為替リスクがあるため、これまでは二の足を踏む人も多かった。だが、円安が本格化したことを受けて、今後も円安傾向が定着すると考える顧客が増えており、これが外貨シフトの背中を押していると考えられる。顧客のニーズが増えている以上、今後、各行が外貨預金サービスを拡充していくのはほぼ間違いないだろう。

【次ページ】国内だけでなく米国でのサービス展開も進める邦銀…その狙いとは?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます