ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/10/18 掲載

ビル・ゲイツ氏も注目するクリーン水素産業、米インフレ削減法で加速する可能性

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2022年8月、米国でバイデン大統領の署名により「インフレ削減法」が発効した。100兆円を超える規模の経済復興法だが、その一環で実施される水素生産に対する税額控除により、米国で水素産業が一気に拡大する可能性が見えてきた。水素経済は、2050年には年間440兆円以上の収益を生み出すとされる巨大産業。インフレ削減法が水素産業にどのような影響をもたらすのか。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

画像
(Photo/Getty Images)

年間440兆円以上、ビル・ゲイツ氏も注目する水素産業

 世界的にエネルギー安全保障の重要性に対する認識が高まっており、各国ではエネルギーの生産・確保に向けた動きが加速中だ。

 米国では、2022年8月16日に発効した「インフレ削減法(Inflation Reduction Act)」により、水素産業と原子力発電産業に追い風が吹く公算が高まっている。

 特に水素産業は、1年間に生み出される価値が2050年に年間3兆ドル(約440兆円)に達するといわれる注目産業であり、インフレ削減法により、クリーン水素(グリーン水素)へのシフトが活発化する見込みだ。

 クリーン水素は、ビル・ゲイツ氏を筆頭にさまざまな投資家が資金を投じる分野でもあり、メディアもインフレ削減法の影響に関心を寄せている。


インフレ削減法で水素が注目される理由

 米国では、気候変動、エネルギー安全保障、新産業の育成という観点から水素に対する関心が高まっている。

 インフレ削減法の枠組みでも、気候変動とエネルギー安全保障が主要課題の1つとして掲げられており、多くの連邦予算が費やされる見込みだ。

 現時点で把握されているインフレ削減法の連邦予算は7,000億ドル(約100兆円)以上。主に医療費の削減、税務執行能力の強化、エネルギー安全保障の強化に使われることになる

 このうちエネルギー安全保障/気候変動関連課題に対して、およそ3,700億ドル(約54兆円)が投じられる見込み

 二酸化炭素の排出を抑えつつ、エネルギーを供給する手段として、これまでは風力や太陽光といった再生可能エネルギーに関心が注がれてきたが、供給の不安定さやエネルギー貯蔵ができない点など、さまざまな課題が明らかになった。水素はこれらの代替手段として注目されているのだ

 風力の場合、風が吹かないとエネルギー供給はできない。太陽光も同じで、曇りや雨の日には供給ができない。安定的に供給するには、エネルギーをバッテリーに貯蔵しておき、必要なときに必要な分を供給することが求められる。しかし、現在のバッテリー技術では、安定供給に十分なだけのエネルギーを長時間貯めるのが難しいとされる。

 たとえば、日照時間が長い夏季に太陽光でエネルギーを生産し、冬期まで貯蔵するのは非常に難しい。この点、水素であれば貯蔵することも可能となる。

 また長距離移動を前提とする飛行機や船舶のエネルギー源としても水素が有力候補となっている。現在のバッテリー技術では、サイズと重量が大きくなりすぎるため長距離移動は不可能。またチャージする時間も非常に長くなるといった課題が指摘されている。一方、水素であれば貯蔵タンクのサイズ・重量を抑え、移動に十分なエネルギーを供給することが可能となる。

【次ページ】コストがボトルネック、クリーン水素普及への課題

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます