• 会員限定
  • 2024/04/16 掲載

「Web3×メタバース× IOWN」で何が変わる? ドコモらが大胆予測

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
Web3やメタバース、光電融合技術(IOWN)といった次世代テクノロジーを利用するための環境が徐々に整いつつある。これらのテクノロジーが実装されれば、「よりリアルで没入感のあるデジタル体験」が実現できるといわれている。では、2025~2030年にどのような産業やサービスが産まれるのか? 国際大学GLOCOM 客員研究員の林 雅之氏、NTTドコモ 新事業開発部 担当部長の小田倉 淳氏、FinTech Journal 編集部の山田竜司(モデレーター)が予測した。
執筆:フリーランスライター 阿部欽一

執筆:フリーランスライター 阿部欽一

photo
「Web3×メタバース× IOWN」で何が変わる?

Web3の取り組みは町おこしにも波及

 冒頭、モデレーターを務めた山田からWeb3・ブロックチェーン領域でのトレンドが紹介された。2023年は6月1日に改正資金決済法が施行され、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になった。10月には日本発デジタルアセットプラットフォームとして「Progmat」が設立され、同12月には、大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)が、デジタル証券を扱う日本初のセキュリティトークン取引市場「START」を開設している。

 このように、リアルワールドでデジタルアセットが環境整備されるのと同時に、メタバースなどデジタル空間におけるWeb3についても総務省を中心に議論が推進されている状況だ。こうした状況を受け、Web3領域で環境の変化について問われた小田倉氏は、山形県西川町における取り組みを紹介した。

photo
NTTドコモ
新事業開発部 担当部長
小田倉 淳氏

 山形県西川町は、2023年、デジタル住民票をNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)によって発行した。NFTの保有者は、西川町のデジタル住民として「オンラインコミュニティー・メタバース空間での交流」などのさまざまなサービスを受けることが可能になるものだ。

 小田倉氏は「自治体がビジョンを示し、共感する人がそれを応援する仕組みの一例だ」とした上で、「アイドルやキャラクターにとどまらず、地域や地域ブランドまでが“推し”の対象となり、町づくりを推進していく点に大きな期待を持っている」と話した。

 小田倉氏が注目事例はもう1つある。それが北海道上川郡上川町だ。大雪山国立公園の北側に位置する上川町は層雲峡温泉を擁し、秋には「日本一早い紅葉」がみられる。小田倉氏は「人口3100人ほどの町に、地域課題の解決を目指した企業が続々とパートナーシップを結んでいる」と話した。

 これは、世界的なアウトドアブランドのコロンビアやスノーピーク、上川大雪酒造、経済メディアのNewsPicks、オルタナティブスクールのインフィニティ国際学院、デザインカンパニーのグッドパッチなど、道内・道外の企業が上川町と密接な関係を結んで活動をしているものだ。そして、自身も町が主催する共創プログラムに参加した経験から「町づくりにおける中心が、観光以上に人であり、熱い思いが人から人へと波及し、地域外の人も巻き込んで好循環を生んでいることを実感した」と小田倉氏は話す。

 このような町づくりの取り組みにメタバースが機能的に使われることにより、匿名性を生かしたコミュニケーションなどにより、町との接触頻度が増し、関係人口の拡大スピードは加速するということだ。

photo
国際大学GLOCOM 客員研究員
NTTコミュニケーションズ
イノベーションセンター IOWN推進室、技術戦略部門
林 雅之氏

 一方、林氏は、自治体におけるWeb3技術の活用事例として、岩手県紫波町における「ファン向けデジタル会員権」導入に向けた実証実験の事例を紹介した。

 これはWeb3技術を活用し、共創におけるファンの貢献度を可視化するトークン発行を検証する取り組みでである。林氏は「スポーツや、いわゆる推し活などマーケティングだけでなく街づくりのファンコミュニティーとしてのWeb3活用の可能性が地方を中心に広がってきていると感じる」と話した。

ドコモと「Web3×メタバース」、NTTグループとIOWN

 続いて、「Web3×メタバース関連で、注力している取り組み」について問われた小田倉氏は、ドコモのコミュニケーションサービス「MetaMe」を挙げた。

画像
ドコモのコミュニケーションサービス「MetaMe」
(出典:ドコモ MetaMe

 これは、新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」から生まれたコミュニケーション空間で、企業の事業検証の場として提供しているもの。「ゆるい感じ」の見た目で親しみやすい世界観を醸成している。

 自分の価値観を表現することで、価値観の近い人との接点を作ることができるのが特徴で「技術的には、メタバースとしては珍しい1万人規模の大規模空間で同時にやり取りが可能だ」と小田倉氏は話す。そして、「いくつかの自治体から、地域創生や、歴史文化の継承といった領域で共創の相談を受け、取り組みを進めているところだ」と話した。

 林氏は、NTTグループが推進する「IOWN構想」(Innovative Optical and Wireless Network)を紹介した。
画像
IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)構想とは
(出典:NTTコミュニケーションズ)

 IOWN構想は、通信ネットワークのすべての区間で光波長を占有することで「大容量」「低遅延」「低消費電力」を実現するAPN(オールフォトニクスネットワーク)や、光電技術などを活用した次世代情報通信基盤で、2023年3月からNTT東西で提供を開始している。

画像
オールフォトニクス・ネットワーク(APN)の特徴
(出典:NTTコミュニケーションズ)

 2030年には、低消費電力で電力効率100倍、大容量高品質125倍の実現を目標としており、林氏は、「現在、低遅延1/200をめざして取り組みを進めており、2025年大阪・関西万博では現行の進化版を提供予定だ」と説明した。

 IOWNが実現することにより、「たとえば、光電融合デバイスなどで電力効率が100倍となれば、ブロックチェーン運用で消費される電力を軽減することはもちろん、1年間充電しないスマホが実現するかもしれないし、メタバースもより高速で低遅延で利用できるようになることが考えられる」と林氏は話した。

画像
IOWN実現+技術革新 でこう変わる?
(出典:NTTコミュニケーションズ)
【次ページ】「次世代ライブ」「IOWNのロードマップ」「メタバース×Web3」

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます