• 会員限定
  • 2024/04/04 掲載

決算書やIRレポートを高速分析、金融ファンドマネジメント向け生成AIの可能性

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
生成AIの導入は、マーケティングやコンサルティングが先行する状況だ。しかし、2024年からは金融業界でも生成AIへの支出が増加し、さまざまな取り組みが開始される見込みとなっている。特に注目されるのは、ファンドマネジメントやM&Aなどの専門領域をターゲットとする生成AIアプリケーションの登場と、それらがもたらす生産性へのインパクトだ。金融産業における生成AI活用の現状はどうなっているのか。金融サービス向けAI企業をうたうMetalなどの登場と合わせて、その動向を探ってみたい。
執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
金融業界は生成AI導入による影響が大きく出そうだ
(Photo/Shutterstock.com)

産業別の生成AI活用動向、トップは?

 産業別の生成AI導入に関する調査がいくつか実施されており、産業ごとの傾向が明らかになりつつある。

 最も生成AI導入が進んでいるのが広告/マーケティングだ。シリコンバレーのベンチャーキャピタルMenlo Venturesが2023年11月に発表した調査によると、産業ごとの生成AI導入率は、広告/マーケティングが10%で最多となった。リーガルが10%で同率トップだったほかは、コンサルティングが8%、教育が4%、建築/デザインが4%、ゲーミングが4%、会計が4%などという結果となった。

 Statistaのまとめ(2023年12月発表)でも同様の傾向が観察される。トップとなったのはやはり広告/マーケティング(導入率37%)。これにテクノロジー(35%)、コンサルティング(30%)、教育(19%)、会計(16%)、ヘルスケア(15%)が続いた。広告/マーケティング、コンサルティング、会計などの分野で生成AIがすでに広く利用され始めていることを示す調査はこのほかにも多数存在する。

画像
2023年の米国の職場での生成AI導入率(業界別)
(出典:Statista

金融業界は生成AIの影響大、2,000億ドル超の価値創出

 こうした中、産業規模や経済社会への影響の大きさから関心を集めているのが金融産業における生成AIの可能性だ。金融は保守的な産業といわれており、生成AIの導入率を見ても、現時点ではマーケティングやコンサルティングには遠く及ばない状況となっている。

 しかし、水面下では、金融関連企業における生成AIへの関心が高まっているほか、金融産業に特化した生成AIアプリケーションの登場も相まって、状況は大きく変わりつつある。

 マッキンゼーの分析によると、銀行セクターは生成AIの導入による生産性向上によって、年間収益の2.8~4.7%に相当する経済価値が創出されるという。これは2,000億~3,400億ドルに相当する額で、産業別にみると、2,400億~4,600億の経済価値が見込まれるハイテク産業に次ぐ2番目の規模となる。

 2024年以降、金融産業では生成AIへの支出が大幅に増加する見込みだ。Juniper Researchによると、バンキングセクターにおける2024年の生成AI支出は56億ドル。これ以降も支出は増加傾向が続き、2024~2030年の市場成長率は1430%、2030年単年の支出は857億ドルに達するという。

 バンキングだけでなくM&A分野でも生成AIの活用が大きく伸びる可能性がある。

 ベイン・アンド・カンパニーがM&A分野における人材300人以上を対象に実施した調査では、現在M&Aのディールプロセスにおいて生成AIを活用しているとの回答割合は16%にとどまったが、今後3年以内に生成AIを活用するとの回答は80%に上ることが判明。

 また、M&A業界における生成AIユーザーのうち、85%は生成AIが期待以上のパフォーマンスを示したと回答、また78%は生成AIによって手作業が減り生産性が上がったと回答している。 【次ページ】ファンドマネジメント向けの生成AIが登場

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます