• 会員限定
  • 2022/09/20 掲載

【単独】セブン銀行社長に聞く銀行ATM進化論、なぜ「現金を引出したら楽しくなる」のか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
セブン銀行がATMの設置を開始したのは2001年のこと。銀行の支店に設置されている既存のATMとはまったく違う発想のもとで、フル・リモートオペレーションに最適化したシステムを開発し、24時間365日、多様な人々へのサービスを展開するATMを展開した。後編ではセブン銀行代表取締役社長である松橋正明氏に、ATMで取り組んできた革新的な取り組みと今後のATM戦略について話を聞いた。
photo
セブン銀行
代表取締役社長
松橋 正明氏

「現金を引出したら楽しくなる」カスタマー・エクスペリエンス

 ATMを設計するうえでは、お客さまに必要な機能だけに絞り込むことに注力しました。

 コンビニに設置するというスペースの都合上、カットしている機能もいくつかあります。たとえば、お金の表裏をそろえる機能はありません。業界の常識を覆すようなことを随所で行っているため、セブン銀行が開業した時には、お客さまの反応が気になって、落ち着きませんでした。我々のATMを受け入れていただいて、安心したことを覚えています。

 開発はすべてゼロ発想で行いました。そのベースになっていたのは「1店舗に1台しかない」「24時間365日動いている」「コンビニの店員がさわれない」「来店されるお客さまの安全を最優先する」という方針でした。既存のATMからすべての部品を入れ替えています。

画像
図表1:セブン銀行のATMの特長
(出典:セブン銀行)

 たとえば当社のATMにはカバーが付いていますが、そのカバーには、お客さまの安全を脅かさないように、防弾の盾に使うポリカーボネートという高度な素材を使っています。今までになかった素材や部品を積極的に使う、ただし必要なものに限るという設計思想で開発しているのです。

 我々が大事にしているのは、カスタマー・エクスペリエンスです。「ATMなんてお金を下ろせたら、それでいいじゃないか」と言われるかもしれませんが、「現金を引出したら、楽しくなる」というのが我々の理想です。

画像
図表2:セブン銀行のATMのカスタマー・エクスペリエンス
(出典:セブン銀行)

 もちろん手段として現金を引出すことは大切ですが、現金を引出したら楽しい気分になって、次の場所に向かってもらいたいのです。たとえば、テンキーの操作時にピアノの音楽を流して、気持ち良く操作していただき、しかもなるべく早く終わるという体験を大事にしています。タッチ感も大事にしていて、テンキーはメンブレンという少し価格の高いキーボードを使っています。

 ほど良いストローク感があり、触って気持ちの良いキーボードです。コスト削減をすると、そういうところを省きがちになりますが、お客さまの体験を大事にしているので、そこはこだわり続けています。

キャッシュレス時代に対応したスマートフォンを活用するサービスを展開

 キャッシュカードを使わずに、スマートフォンだけでセブン銀行ATMで現金の入出金ができるサービスを始めたのは2017年3月です。スマートフォンとATMの連携を始めたきっかけは、iPhoneにSuicaなどの電子マネーを入れて行動する人が増え、財布を持たない人が増えてきた反面、急きょ現金が必要になるケースも増えていると感じたことでした。

 銀行は専用回線を使って接続するケースが多いのですが、我々はインターネット、OAuth認証、APIという標準化された技術を活用することで、接続性を高めており、キャッシュレス時代のサービスを展開しています。

 マイナンバーカード対応も、我々が力を入れている取り組みの1つです。「スマホではマイナンバーカードを読み取りづらい」「通信環境が良くなくて、手続きが難しい」というお客さまのニーズに応えるサービスとして展開しています。安全なネットワーク、安全なハードウェアで、買い物ついでにキャッシュカードとともにマイナンバーカードをお使いいただけたら便利なのではないか……という発想からスタートしました。

画像
図表3:セブン銀行のATMでマイナンバーカードによる手続きが可能に
(出典:セブン銀行)

 Twitterで「セブン銀行 マイナンバー」で検索すると、お客さまの声が見られます。「マイナンバーカードで、マイナポイントの申し込みの手続きを諦めかけていたけど、セブン銀行のATMで簡単にできました」といった声もいただいています。

 ATMの場合、マイナンバーカードをタッチする操作も含めて、簡単なUIでの案内が可能です。現在は毎日数千人のお客さまに使っていただいています。何か問題が生じた場合には、ATM備え付けのインターフォンから、コールセンターがサポートする仕組みです。「誰ひとり取り残されない行政のDX」をサポートし貢献するという意識で取り組んでいます。

【次ページ】行政給付金の受け取りから他の金融機関の手続きまで

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます