• 会員限定
  • 2024/06/07 掲載

やっぱり今は「AI」に投資すべき?驚きの検証結果、ITバブルで儲かったのはたったの…

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
驚くべき進化を遂げるAI技術が今後の世界を劇的に変えるであろうことは、疑う余地がないと言えるが、投資という観点ではどうだろうか。現在のAIに対する熱狂ぶりから思い起こされる約25年前の「ITバブル」を例に、米調査会社モーニングスターのレーケンターラー氏が「AI企業は長期投資に向いているか」について徹底検証する。
執筆:Morningstar  翻訳校正:FinTech Journal編集部
photo
25年前から現在に至る「インターネット株」に学ぶ
(Photo/Shutterstock.com)
※本記事は、米国モーニングスター社の記事「Should You Buy and Hold an Artificial Intelligence Portfolio?」をもとにFinTech Journal編集部が翻訳・再構成したものです。米国モーニングスターの独占的な権利に属しており、私的利用かつ非営利目的に限定します。また、米国モーニングスター及びその関連会社は、本翻訳記事の利用に関して一切の責任を負いません。

疑う余地がない「AI」による劇的変化

 昔々、革新的な新技術「インターネット」が市場を熱狂の渦に巻き込んだ。米シリコンバレーのベンチャーキャピタリストも一般投資家も、こぞって財布のひもを緩めた。

 ベテランのポートフォリオ・マネージャーはとまどった。インターネット業界が繁栄するのは間違いないだろうが、バリュエーションがとてつもなく高いこと、そして初期段階の企業の多くが落後していくことを考えると、これらの銘柄は保有する価値があると言えるだろうか?──と。

 そして現在、1999年のインターネット企業と同じく、今日のAIスタートアップ企業は前方をまっすぐ見つめている。間もなく到来する変化がこれほど明白なこともめったにない。AI技術が今後の経済を劇的に変化させることは疑う余地がない。

25年前のインターネット銘柄のうち、残っているのは何割?

 この状況は、合理的な投資の疑問をもたらす。もし、初期段階でインターネット銘柄を購入し、その後25年間保有していたらどうなっていただろうか?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

【次ページ】残っていたとしても…成果を出したのは?「10倍株」は○社

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます