• 会員限定
  • 2023/10/25 掲載

“20年遅れ”の「洋上風力発電」、再エネ電力の希望の星となるか?政府の切実事情

連載:「エネルギーの疑問にお答えします。」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
今洋上風力発電と聞くと、残念ながら、今年9月に発覚した国会議員と日本風力開発の贈収賄事件を思い起こすのが自然であろう。事件の事実関係はさておいて、洋上風力発電は大量の再エネ電力を生む稼ぎ頭としての期待がある。しかし、ここにきてコスト上昇などでやや足踏みもみられる。そもそも、日本の取り組みは大きく遅れているのだ。その現状と課題について詳しく解説する。

執筆:日本再生可能エネルギー総合研究所 代表 北村 和也

執筆:日本再生可能エネルギー総合研究所 代表 北村 和也

早稲田大学政治経済学部卒。ドイツ留学などを経て、日本における再生可能エネルギーの拡大、地域脱炭素の実現などに関する執筆、セミナー、また企業や自治体へのコンサルティングを行う。最近は、脱炭素先行地域選定のアドバイスや、地域経済循環や地域活性化との連動を主たるテーマとする。埼玉大学工学部非常勤講師。

photo
世界の風力発電施設の累積発電能力の推移(GW)
(出典:Global Wind Energy Council)

なぜ「洋上風力発電」は脱炭素の期待を一手に背負うのか?

 世界では、洋上風力発電より先に風力発電が各地で展開された。

 太陽光発電が一定の広い土地を必要とするように、風力発電も場所の制限が存在する。たとえば、風況といって発電可能な風の速さが重要で、発電可能な場所は狭まる。さらに風車の風切り音や光の反射などがあって、人家などから離した設置が求められる。

 風力発電は、その分「適地」が早く少なくなっていった。そこで登場したのが洋上風力発電である。

 洋上は風を妨げる建築物などもないため風況が大変よく、陸上風力発電より基本的により大きな発電量が可能となる。また、人間生活による制限も少ない。

 トップ画像のグラフは、世界で設置されてきた風力発電施設の総発電能力を示している。棒グラフの大半を占める黄緑部分が陸上風力発電(オンショア)で、その上に載った青緑部分が洋上風力発電(オフショア)である。

 大型の風車を使った本格的な洋上のウインドファームは2001年のデンマークに始まり、欧州を中心に拡大していった。それに合わせてドイツのブレーマーハーフェンなど洋上風力発電建設の基地が北海などの海岸エリアに次々作られ、繁栄していく。この10年ほどで急速に増え、2022年の洋上風力発電施設のシェアは7%程度まで達した。

 筆者は10年ほど前、ブレーマーハーフェンを視察したが、当時でさえ洋上風力発電用の数十メートルを超えるブレード(風車の羽根)が存在していた。

画像
洋上風力発電のブレード(ドイツ、ブレーマーハーフェン)
(写真:筆者撮影)

洋上風力発電をけん引するのは、中国

 世界の再エネをけん引しているのが中国だと聞いて、今さら驚く人もいないと思うが、洋上風力発電でも中国が主たる役割を演じている。

画像
世界の洋上風力発電施設の新規追加分の推移(MW)
(出典:Global Wind Energy Council)
 グラフは、世界で新しく建設された洋上風力発電の昨年までの5年間の推移を示している。CAGR(年平均成長率)は20%に迫る勢いであり、中でもこの2年間は中国の割合(濃いピンク)が圧倒している。特に2021年は新規導入の8割を超える17GWが中国で設置された。

 これは、中国内での補助制度の最終年であったことが要因で、翌年の2022年は大幅に減退している。それでも5GWの増加である。欧州で育った洋上風力発電はすでに主役の座を中国に譲ったといえるかもしれない。

 さらに欧州からの洋上風力発電に関するニュースはこのところあまり芳しくない。

 先月末のロイター通信によると、今年になって洋上風力発電がコスト高などの嵐に見舞われているという。すでにイギリスやオランダの洋上風力発電プロジェクトが延期や棚上げになったほか、補助金の入札への応札者がないケースも出てきている。 【次ページ】条件は良いのに…洋上風力発電で存在感が薄い日本

関連タグ

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます