• 会員限定
  • 2024/06/18 掲載

後回しにすれば「カオスな世界に…」、東大・杉山正和教授が説く「脱炭素の現在地」

Seizo Trendキーパーソンインタビュー

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本の製造業界において停滞の時代が続く中、革新的な新たな発想が求められている。東京大学 先端科学技術研究センター 所長の杉山 正和氏は「1つの業種・領域に固執せず、いかに組み合わせの妙を働かせるかがカギとなる」と語る。中でも、地球資源が限界を迎え始めていることから、カーボンニュートラルへの重要性を説く。本稿では、同氏に製造業界や日本社会が持続的に発展していくために必要なことについて話を聞いた。
聞き手・構成:編集部 井内亨、執筆:井上猛雄、写真:大参久人

聞き手・構成:編集部 井内亨、執筆:井上猛雄、写真:大参久人

photo
東京大学 先端科学技術研究センター 所長 杉山 正和(すぎやま・まさかず)氏
2002年東京大学大学院工学系研究科電気電子工学専攻講師、同専攻の助教授、教授を経て、2017年東京大学先端科学技術研究所教授、2022年同所長。専門は化合物半導体を利用した高効率太陽電池、太陽光エネルギーの化学的貯蔵システム、電気化学によるカーボンリサイクルなど。

製造業も“貪欲”になるべき「組み合わせの妙」

1ページ目を1分でまとめた動画
 日本の製造業界は最近、なかなか新しい発想が生まれてこず、衰退していると言われます。この原因は、前編で触れた「組み合わせの妙」がうまく働いていないこともありそうです。

 以前のように業界全体が拡大基調なら、1つの分野にいても拡大の波に乗ることができ、それほど不自由なくビジネスは進展していきました。ですが、現在のようにあらゆる側面で限界が見え始め、パラダイムの組み換えが求められる時代では、そもそも業種の存在意義も問われており、新しいスタイルを模索しなければなりません。

 一から何か新しいものを作り出すのは大変なことです。しかし何かを組み合わせれば、比較的容易に新しいものをつくることができるでしょう。その感覚や感性が、これまで以上に製造業でも問われることになると思います。

 実は大学も状況は同様です。いまは学問の世界も単一領域をカバーする研究だけでは、この複雑な世の中に対処できなくなってきました。

 たとえば私が研究しているエネルギー分野を見ても、電力だけでなく各種の燃料などさまざまなエネルギー源が混ざって使われていますし、省エネ技術も重要です。製造技術がどんなエネルギーを使っているのか、あるいは生物多様性を勘案するといった消費者の行動がどう変容しているのかなど、色々なことを考えなければなりません。

 どんなにエンジンや蒸気機関の効率を良くしても、CO2を排出する限り、温暖化問題の根本的な解決になりません。持続可能性という大きな目標を達成するためには、化石燃料の使用を少なくすることに目を向けるだけでなく、複雑な要素の絡み合いを考えることが重要なのです。


 そうなると、単純に文系と理系にわけるのでなく、色々なことを掛け算する必然性が強くなっていると感じています。それが新しい価値を生み出し、幸せを生み出す可能性があるからです。

 目先のことだけでなく、横を見る、さらに先を見ることが大切な時代になっています。そういう中で、我々は「クリエイション」(創造)と「イマジネーション」(想像)を大きく発達させ、色々な掛け算をしなければいけないのです。日本の製造業も、こういった掛け算に貪欲になる必要があるでしょう。

「何をやっているかわからない」のが先端研

 前編でお話したように、東大の先端研では、色々な分野を越境して掛け算して新しいタネを生み出すことを目標にしています。よくわからなくて、説明することさえも難しいのですが、逆によくわからないのが特長であり、わかってしまったらダメとも思っています。

 わからないところが我々のポテンシャルでもあるからです。何をやっているのかわからないけれど、シーズ(タネ)が出てくる前のカオス的な状況で、ビックリ箱的な可能性のある研究所だと思っています。

 したがって、1つの研究テーマにターゲットを絞って人材を集めていません。しかも世の中のありとあらゆる大事なものや面白いものをリストアップし、それらを他の研究と組み合わせられる余地を残しています。

 領域の壁を取り払って、交じり合い、自由にやってもらうために、我々がやるべきミッションは、分解した要素を深く突き詰めるだけでなく、異なる種の交配による新しいタネをつくってもらうことにあるわけです。

 そのタネが芽吹くためには水をやり、栄養を与える必要がありますが、それを実行するのは実は社会全体です。何か面白い研究が出てきたときに、その研究に対して応援してもらえるサポーターの存在が大切です。そのためには大学も開かれたものにならなければいけませんし、研究を見える化することが求められるのです。 【次ページ】「エネルギーと国際情勢」の研究を組み合わせ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます