• 会員限定
  • 2023/01/30 掲載

貿易赤字20兆円の衝撃、経常収支も間もなく赤字へ? 無視できない“深刻事態”とは

連載:野口悠紀雄のデジタルイノベーションの本質

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
2022年の貿易収支が19兆9,713億円の赤字と、比較できる1979年以降で最大の赤字額となった。この主たる要因は、資源価格高騰と円安によるものだ。しかし、それだけでなく、長期にわたって継続している構造的要因の影響もある。特に問題なのは、ある分野で輸出・輸入差額のマイナス幅が大きく拡大したことだ。これは、日本の競争力低下を端的に表している。そして日本の経常収支は赤字となる。これにより重大かつ深刻な事態が起こり得る。
執筆:野口 悠紀雄
photo
貿易赤字によりどんな事態が起きるのか
(Photo/Getty Images)

衝撃的な貿易赤字となった「2つの要因」

 2022年の貿易収支が約20兆円の赤字となった。こうなった原因は、対前年比で見て、輸出が18.2%増にとどまったのに対して、輸入は39.2%という極めて高い値となったからだ。

画像
貿易赤字は何が問題なのか。なぜ20兆円にまで拡大したのか
(Photo/Getty Images)

 輸入がこのように増加した主たる原因は、資源輸入額が急増したことだ。輸入額の対前年比でみると、原粗油が91.5%、石炭178.1%、液化天然ガス97.5%だった。資源輸入額の増加は、そのほとんどが価格の上昇による(荷動きを示す数量指数は輸入全体で対前年比0.3%減と、むしろ低下している)。

 輸入価格の急騰は、ドル建て資源価格の高騰と円安という2つの要因による。為替レートの平均は、2021年が1ドル=109.41円、2022年が130.77円なので、対前年比は19.5%の円安だ。

 したがって輸入全体で見れば、対前年比39.2%のうち、ほぼ半分がドル建て価格上昇の結果であり、ほぼ半分が円安によるものだ。ただし、原油などについてはドル建て価格上昇の影響のほうがずっと大きい。

円安は輸出を増やすわけではない

 前述のように、2022年の輸出は対前年比18.2%の増加となった。為替レートは19.5%の円安なので、輸出額の増加は円安による名目上のものに過ぎないことがわかる。実際、輸出数量の対前年比は、1.9%の減となっている。

 しばしば「円安が輸出を増やす」と言われる。しかし、実際にはそうした効果はないのだ。これまでもそうだったが、2022年の急激な円安の中で改めてそのことが確認された。

 輸出数量が増えないのだから、円安は国内の経済活動を活発化する効果を持たなかったことになる。このことは2022年の第1四半期から第3四半期までの鉱工業生産指数(鉱工業の生産活動の状況を表す指標)が、95.7、93.1、98.5と、ほとんど変化していないことを見てもわかる。

 それにもかかわらず、製造業(特に大企業)の利益は増加している。これは、輸出額増加によるメリットを享受しつつ、輸入価格の上昇による原価増を売上に転嫁してしまうからだ。

 資源価格高騰と円安が収まれば、貿易赤字の拡大は一時的なものに終わるかもしれない。しかし、構造的問題もある。それを考えると、貿易赤字20兆円というニュースは、決して無視できない深刻なものだ。

【次ページ】日本の競争力低下を示す「もう1つの要因」

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます