• 会員限定
  • 2024/04/01 掲載

新NISAで注目、「金融経済教育推進機構」と「認定アドバイザー」の正体

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
2024年1月のNISA拡充で国民の投資への関心が高まる一方、資産規模に見合わない過大なリスクを取ったり、悪質な詐欺の被害に遭ったりして大切な生活資金を失う人が増える懸念も強まっています。金融庁はこうした潮流に対し、新組織「金融経済教育推進機構」の本格稼働に向けた準備を進めています。また、この「金融経済教育推進機構」が定める認定アドバイザーが家計のアドバイスを指南する役割を担うといいます。本稿では謎の多い「金融経済教育推進機構」と「アドバイザー」について詳説します。
執筆:佐野 圭一、編集:川辺 和将

執筆:佐野 圭一、編集:川辺 和将

photo
「金融経済教育推進機構」は資産形成に対してどんな存在か?
(Photo/Shutterstock.com)

背景に「2,000万円問題」とNISA拡充

 金融経済教育推進機構とは、金融、経済の知識を一般消費者向けに普及、教育する組織のこと。同機構は国(金融庁)の働き掛けを受けて日本証券業協会などが発起人となり、2024年4月に認可法人として正式に発足し、同年8月に本格始動を予定しています。

 とはいえ、そもそも投資は自己責任が基本の世界。他人や行政が口出しをする分野ではないという考え方もあります。なぜ、わざわざ金融庁が主導して新たな推進組織を作り出す必要があったのでしょうか。

 背景には、2019年に注目を浴びた「2,000万円問題」と、2024年1月のNISA恒久化があります。

 首相の諮問機関である金融審議会の作業部会(市場ワーキンググループ)が作成した報告書の受け取りを政府側が拒否した「2,000万円問題」。幻となったこの報告書では、年金だけでは豊かな老後生活を送り続けるのは困難として、投資による自助努力の重要性を強調する趣旨の内容が注目されました。

 騒動後、しばらく金融庁内では、国民に自助努力を求めるような情報発信がタブー視されていましたが、23年に岸田政権がNISA恒久化を打ち出して風向きが一転。NISA制度を通じ、預貯金に偏る家計資産を資産形成に振り向ける「貯蓄から投資へ」の機運が再度高まりました。

 とはいえ、金融庁はかつての騒動を忘れたわけではありませんでした。単にNISA拡充のみで国民に投資を促すだけでは、自助重視で大炎上した2,000万円問題と同じ轍を踏むことになりかねません。そこで当局がNISA拡充のいわば「免罪符」のような位置づけで打ち出したのが、金融経済教育の専門機関設立による金融リテラシーの向上策です。

画像
金融経済教育推進機構の運営方針のイメージ
(出典:金融庁 報道発表)

 実は国民に自助努力を促すという方向性自体は、2,000万円問題の報告書とそれほど変わりません。ただ、金融経済教育推進機構の設立によって、国民1人ひとりが自らの知識に基づき、あくまで自主的判断によって投資に踏み出すというストーリーが強調される結果になりました。2,000万問題やNISA制度の恒久化なくして、金融経済教育推進機構の設立はなかったといえるでしょう。 【次ページ】国民の投資指南役「認定アドバイザー」の正体とは?

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます