• 会員限定
  • 2023/10/06 掲載

米国は2,500万円なのに…、日本のトラックドライバーが全然「稼げない」根本理由

連載:「日本の物流現場から」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
米国のトラックドライバーの報酬額が話題だ。小売大手のウォルマートは新人ドライバーでも年間で最高約1,400万円、物流大手のUPSのドライバーは最高約2,500万円で、全体の中央値で見ても約676万円だ。対して日本国内のドライバーは、平均年収(全日本トラック協会の資料より)だが、大型車で477万円、中小型車で438万円である。高度な運転を要するドライバーでも700万円が散見される程度で、最高年収1,000万円はほど遠いのが実情だろう。しかし日本においても稼げた時代はあった。なぜこれだけの差が開いたのか。日本のトラックドライバーが、年収1,000万円以上を稼ぐ方法はないのだろうか?

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

Pavism 代表。元トラックドライバーでありながら、IBMグループでWebビジネスを手がけてきたという異色の経歴を持つ。現在は、物流業界を中心に、Webサイト制作、ライティング、コンサルティングなどを手がける。メルマガ『秋元通信』では、物流、ITから、人材教育、街歩きまで幅広い記事を執筆し、月二回数千名の読者に配信している。

photo
日本でもトラックドライバーが稼げる方法はあるのか?
(Photo/Shutterstock.com)

米国のドライバーは最高2,500万円?

 まず米国のドライバーの収入事情を見てみよう。米国物流大手UPSのドライバー求人サイトを見ると、日本では信じがたい好待遇が並んでいる。それが下記のとおりだ。

  1. 宅配ドライバー:平均年間報酬14万5,000ドル(※1ドル=140円換算で2,030万円)
  2. 長距離ドライバー:平均年間報酬17万2,000ドル(2,408万円)
  3. ローカルトレーラードライバー(注):平均年間報酬16万2,000ドル(2,268万円)
    注)「長距離輸送のないドライバー」のことと思われる。
  4. パートタイム従業員(注):平均時給20ドル(2,800円)
    注)Webサイトの画像を見ると、倉庫作業員ないし荷役要員のことと思われる。

 加えて、1、2、3には「医療保険料の全額会社負担、確定給付年金の会社拠出」があり、1と2には最大7週間の有給休暇、さらに2の長距離ドライバーには4年後に1マイル当たり0.95ドル(130円)の距離手当が与えられるという。

画像
トラックドライバーが稼げる米国、稼げない日本。その理由とは
(Photo:sladkozaponi / Shutterstock.com)

 さすがにこの待遇は、米国国内でもやっかみの対象となり、ホワイトカラー(事務系の職務)の人々による、「なぜトラックドライバーがこんな高給を取るんだ!?」という趣旨の投稿がSNSにあふれたらしい。

 ただし、この好待遇にはからくりがある。

「超・好待遇」に隠されたカラクリ

 そもそも、ドライバー希望であっても、最初はパートタイム従業員から開始しなければならない。そしてこの好待遇は、あくまで5年間の下積み生活を終えてからようやく得られるものらしい。また、いざ2,000万円を超える好待遇を得ても、労働時間は長く、いわゆるブラック労働を強いられているようだ。

 さらに付け加えると、これはあくまで報酬であって収入ではないということだ。なぜならば、米国では多くのドライバーがオーナーオペレーターと呼ばれる、日本で言うところの持ち込みドライバーであることには留意しなければならない。

 つまり、この報酬の範囲で、トラックの購入はもちろん、燃料代、タイヤ代から各種メンテナンス、税金までをすべて自分で賄わなければならない。ほかにも考慮すべき要素はある。

  • そもそもUPSのトラックドライバーの待遇は、米国国内でも別格。
  • 米国と日本の物価の差。米国における年収の中央値は4万5,760ドル(約641万円)であり、日本(平均年収だが443万円)よりもはるかに高い。
  • 米国のトラックドライバーの年収については、中央値で4万8,310ドル(約676万円)

 米国国内の労働者の年収データなどは、米国労働統計局における2022年のレポートを参照した。日本のように平均年収ではなく、「最もその金額帯をもらっている人が多い」中央値でレポートしているのは、収入格差の大きい米国ならではの工夫なのだろう。実際、レポートでは、「最下位10パーセントの収入は3万710ドル(約430万円)未満で、最高10パーセントの収入は7万2,730ドル(約1,018万円)以上である」と付記されている。

 つまり米国のドライバーは、全産業の平均以上の収入を得ている人が多いものの、実際にもらっている金額には、ドライバーによって大きな格差がある。その上、持ち込みドライバーという手間と苦労の多い働き方が主流であり、必ずしも働きやすい環境が実現されているわけではないことがうかがえる。

 一方、米国ほどではないものの、かつての日本においても、トラックドライバーはそこそこ稼げる職業だった。 【次ページ】かつては日本でも「稼げる職業」だった…

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます