• 会員限定
  • 2023/02/23 掲載

13兆ドル市場の先陣切るドバイ、世界中から続々と「Web3企業」が集まっているワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ドバイでは、NFTとリアルが融合したショップが登場したり、暗号通貨での支払いを採用するホテルやレストラン、スーパーが登場したりと、Web3やブロックチェーン関連の動きが活発化している。すでにアラブ首長国連邦(UAE)には1400社を超える企業が集まり、Web3エコシステムが構築されつつある。なぜWeb3企業はUAE、特にドバイに集まるのか、その理由を探る。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
Web3企業がドバイに集まるのには理由がある
(Photo/Shutterstock.com)

「NFT×現実世界」のショップがドバイで2店舗オープン

 2023年は、チケット、メンバーシップ、ソウルバウンドトークン(SBT)など、NFTの実用的な活用事例が増えると見込まれている。

 ドバイではさっそく、NFTと現実世界を組み合わせた「Phygital(フィジタル:PhysicalとDigitalを掛け合わせた造語)」の取り組みが開始され、どのような効果を生むのかに関心が注がれている。

 これはドバイに実在するショッピングモールに、NFTを扱うショップが開設され、バーチャルアセットであるNFTと現実世界を結ぶサービスが複数提供されるというもの。開設したのは、テクノロジー企業SoftConstruct(ソフトコンストラクト)。同社が立ち上げたNFTマーケットプレイス「ftNFT」と実店舗が連携し、さまざまなNFT関連サービスを提供する。

 現在のところ、ショップはドバイ2カ所で運営されている。1店舗目は、2022年12月22日にエミレーツモールで開設され、その後すぐに2店舗目がドバイモールに登場した

エミレーツモールにオープンした「ftNFT」の店舗の様子

 店舗内では、NFTの購入・売却のほか、保有するNFTのイメージをシャツやマグカップにプリントするサービス、また3Dスキャナーによる等身大アバター制作サービスなどが提供されている。3Dスキャナーサービスでは、利用者の等身大デジタルアバターを制作するだけでなく、そのCGモデルをNFT化し、マーケットプレイスやメタバースで利用することも可能だという

 NFTを扱うショップ開設は、中東・北アフリカ(MENA)地域で初の事例となる。


すでに1400社以上。Web3企業の集積地になりつつあるUAE

 アラブ首長国連邦(UAE)、特にドバイは、世界各地のWeb3/クリプト関連企業が集積しエコシステムを形成しており、上記のような新たな取り組みを実施しやすい環境が構築されつつある。

 Web3プラットフォームCrypto Oasis Ecosystemが2022年10月時点でまとめた調査レポートによると、UAEではWeb3関連企業が1400社以上あり、人材数も7000人近くいるという。

画像
エコシステムを構成する企業
(出典:Crypto Oasis Ecosystem

 同調査では、Web3企業/プロジェクトを、ネイティブとノンネイティブの2つに分類。ネイティブとは、分散化テクノロジーのみに依拠した企業/プロジェクトのことで、全体のうち900社(約66%)以上がネイティブに該当する。

 一方、34%、約500社がノンネイティブに分類される。ノンネイティブとは、Web3企業とは分類されないものの、Web3分野におけるインフラ技術やアドバイザリーサービスを提供する企業のこと。同レポートでは、IBM、オラクル、PwC、EY、KPMG、デロイトなどがノンネイティブとして名を連ねている。

 ドバイの中でも、Web3企業の集積が進むのがジュメイラレイクタワー地区にあるUAE最大の自由貿易ゾーン「ドバイ・マルチ・コモディティ・センター(DMCC)」で、UAEに拠点を置く1400以上の企業・プロジェクトのうち、34%となる489社が拠点を構えている。内訳は、ネイティブが460社、ノンネイティブが29社となる。

 UAE/ドバイには、DMCCのように、Web3企業を誘致する経済特区が複数存在しており、他の特区でも50~200のWeb3企業/プロジェクトが拠点を構えている。

 これらの経済特区では、高速通信や外資企業の完全なオーナーシップなど、Web3企業向けのテクノロジー/制度的なインフラが整備されており、新興企業誘致の取り組みが活発化している。

 なぜ、世界の中でも、UAE/ドバイのWeb3エコシステムが急速に拡大しているのだろうか。

【次ページ】世界中からWeb3企業が集まる理由とは? 背景に用意周到な戦略

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます