開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社キューデンインフォコム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/01/29

進化するデータセンター、何を基準に選ぶ? これからの時代に求められるポイントとは

国内のデータセンター市場が好調だ。背景には、BCP/DR対策への意識の高まり、AIやIoTなどのテクノロジーの進化によるデータの爆発的な増大などがある。一方で、高経年化したデータセンターには、最新テクノロジーへの対応や災害対策の面で不安があるのも確かだ。だからこそ、今こそデータセンター選びには”慎重”かつ”賢明”でありたい。IoT、AI時代に求められるデータセンター選びのポイントを整理した。

photo
データの重要性が増す時代に求められる、データセンターの「賢い選び方」とは
(©sdecoret - Fotolia)

爆発的に増大するデータと成長を続けるデータセンター市場

 現在の我々の社会は、ITシステムがなければ成立しない。交通も金融も、流通も通信も、それを支えるITシステムが止まったら、即座に機能停止に陥るだろう。そして、そのITシステムを支える重要な基盤こそが「データセンター」だ。もはや、データセンターは、水や電気と同じレベルの社会インフラなのである。

 しかも、データセンターへのニーズは、一向に衰える気配がない。IDC Japanの調査によれば、2017年の国内データセンター市場は前年比7.2%増の1兆1,780億円、2016年~2021年の年間平均成長率は8.1%と予想されている。1兆円を超える市場が、いまだに年間約8%の成長を続けているのは、驚異的といっていいだろう。

 その背景にはBCP/DR対策への意識の高まりに加えて、AI、IoT、RPAなどのテクノロジーの進化、モバイルデバイスの普及、動画のストリーミング配信等による爆発的なデータの増大がある。実際に総務省のデータによると、2014年以降、インターネットのトラフィックは急増している。その急上昇するグラフを見れば、「データセンターはまだまだ足りない」と思わざるをえない。

画像
我が国のトラフィックの推移(左:ブロードバンド、右:移動体通信)
出典:「平成 29 年版情報通信白書」(総務省)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/h29.html

 改めて言うまでもないが、企業にとって、データセンターのメリットは多い。サーバやストレージなどのIT機器を集約することで、電気代や運用にかかる人件費、設置スペースなどを削減できる。地震などの自然災害に強く、二重化された電源や回線は、万が一のときにも重要なシステムやデータを保護できる。24時間365日止まらない厳格に運用される施設は、自社ビルにサーバを設置するより、圧倒的に安全だ。

 ただし、データセンターにも課題はある。特に高経年化したデータセンターを利用している場合は、さまざまな課題があるようだ。

この記事の続き >>
・高経年化したデーセンターが抱える課題とは?
・災害に強く、高い利便性を持つ「場所」はどこか
・カブドットコム証券のシステムを10年以上にわたり安定運用できた理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!