開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/24

データを「守るだけ」は不十分、非常時に慌てない“攻め”のデータ保護戦略

今回のパンデミックを通じて、改めてBCP(事業継続計画)の重要性を痛感した企業は多いだろう。BCP対策を見直す上で重要となるのが「データ保護」だ。デジタル変革の機運とともにデータの価値が高まり、企業がデータを失うことのインパクトは従来と比べ物にならなくなった。いざという時、確実かつ迅速にデータ復旧を実現し、ビジネスを止めることのない仕組みづくりを整理する。

photo
データ保護の価値も変化してきている
(Photo/Getty Images)

企業の存亡に関わる「データ保護」

 ウィズコロナ時代のBCPを考える際に、まず明確にしておきたいことが「何のためのデータ保護なのか?」という点だ。もちろんこれまで通り、何らかのトラブルで失われたデータを復元するという目的そのものは変わらない。だが、その重要度がかつてとは格段に違ってきている。

 その背景には、データ量の爆発的な増大と、音声や動画などの非構造化データを含むデータの多様化が挙げられる。データ分析に基づいたマーケティングなども急速に広がり、かつての1日1回や週1回、丸ごとデータをバックアップするといった定型的な運用では、もう追いつかなくなってしまった。加えて、コンプライアンス強化の社会的要請や法令に基づいた、データ保管の重要性も日増しに高まっている。

 また、増加し続けているシステム攻撃も考慮しなければならない。中でも最近急増しているのが、ランサムウェアによるバックアップデータへの攻撃だ。ウイルスに感染したデータはロックされてしまい、身代金を支払わない限り解除されない。そこで企業の重要システムのバックアップデータをまず感染させて、企業が復元できない状態にしたあと、感染を広げていくという悪質な手口が増えているのだ。

 こうしたリスクの中で、あらゆる種類の膨大なデータを保管し、万が一の際には確実に復旧させなくてはならない。もしできなければ、企業の存亡に関わると言っても過言ではない。多種多様なデータを最適なタイミングで確実にバックアップし、非常時にはすぐにリストアできる体制を整備するにはどうしたら良いのだろうか?

この記事の続き >>
・クラウドデータマネジメントの視点から考えるバックアップ
・ランサムウェア対策に有効な7つのポイント
・守りの一歩先、「攻めのデータ保護」へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!