開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社Zendesk提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/09

コンタクトセンター現場の負荷を減らしつつ、顧客満足度を向上させることは可能か?

世界的なパンデミックの影響や、それに伴うECの活況などで、近年はコンタクトセンターへの問い合わせが大幅に増加している。顧客との接点として重要度を増すコンタクトセンターだが、問い合わせ担当者の負担も増大している。多大な負荷と現場の疲弊の中、「これまで以上に顧客満足度を上げる」という困難な目標を達成するには、何が必要なのだろうか。

photo
疲弊するコンタクトセンターの現場救済とCX向上を両立するには?
(Photo/Getty Images)

高まる顧客の要望に合わせたコンタクトセンター強化

 現代において、顧客の商品・サービスの選択基準はどこにあるのだろうか? 商品そのものの差は少なくなり、ネットで購入する場合は売り場の品質も関係ない。サブスクリプション型のサービスも一般化した。

 このような状況では、顧客は企業が提供する顧客体験(カスタマーエクスペリエンス:CX)について高い関心を持たざるを得ない。その良し悪しが、商品やサービスの選択基準になり、嫌な体験をした顧客はすぐ競合他社に移ってしまう。

 顧客満足度に直結するCXは、いまや事業戦略を考える上で重要なトピックである。顧客は企業が真剣にCXに取り組んでいるか注目しており、その向上を求めているのだ。

 こうした近年の顧客動向は、顧客との直接的な接点を担う「コンタクトセンター」の重要性が増していることを意味しており、コンタクトセンター担当者に大きなプレッシャーがのしかかっている。対応件数が増加する中で、今まで以上に滞りなく、満足してもらうような努力を強いられ、現場の疲労度は増すばかりだ。

 競争が激化する市場において、顧客により良い体験を提供し競争力を維持するために、CX向上の重要なキーとなっているコンタクトセンターをどう改善し、どう運営すればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・「ストレスを抱えている」担当者7割、「サポート次第で他社に行く」顧客6割
・顧客、現場、ビジネスの3つの場におけるCX向上のポイント
・東宝やテレコムスクエアなどのコンタクトセンター強化事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!