開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス、株式会社ソリトンシステムズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/15
 三井住友海上の「2万人働き方改革」3年の軌跡、成功の鍵は“ハイテクすぎない”こと

三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上)は金融業界では難しいとされてきた、リモートワーク環境を整え、現在、全社で働き方改革により生産性を上げている。「お題目」になりがちな働き方改革が成功したのはなぜか。人事部 企画チーム 兼 働き方改革推進チーム 課長 荒木裕也 氏に、同社の「働き方改革」の取り組みについて聞いた。

画像
三井住友海上火災保険株式会社
人事部 企画チーム 兼 働き方改革推進チーム 
課長
荒木裕也氏

2000年に入社。リテール営業、MBA派遣を経て、2007年、営業企画部にて営業部門の代理店政策等、国内事業戦略の企画立案に従事。2016年より人事部にて、働き方改革および人財育成等の企画・推進、グループ関連会社経営支援を担当。同社デジタル戦略部兼務。

従業員2万人の「働き方改革」が動きはじめた理由

 2016年度から本格的に働き方改革への取り組みを始めた三井住友海上。荒木氏によれば、それ以前から在宅勤務などの制度を設けてはいたものの、ほとんど活用されていなかったという。

「保険会社という業態の性格上、『もしお客さまの情報が外部に漏れたら』という懸念が何より先に立ち、在宅勤務やテレワークには極めて消極的でした。しかし、『社員が自己研鑽のための時間を捻出するにはテレワークが必要だ』『テレワークや在宅勤務は、多様な働き方の実現や、生産性向上と人財育成のための手段である』ということを社内に広く説明した結果、2016年度からようやく本格的な取り組みを始めることができました」(荒木氏)

 その結果は目覚ましいものだった。わずか1年間で残業時間は10%減り、「働き方改革が進んでいる会社」としてさまざまな省庁やメディアから表彰を受けるなど、目に見えて効果が現れてきているという。

 三井住友海上で働く約2万人の従業員のうち、約6割を女性が占めることから、同社はこれまで「女性にとって働きやすい環境」の実現を目指してきた。またダイバーシティ経営にも力を入れており、「ダイバーシティ&インクルージョン」を全社スローガンに掲げて啓発ポスターを全職場に配布するなど、「多様な社員全員が成長し、活躍する会社」の実現を目指している。

 お題目になりがちな「働き方改革」を実現するためにどのような環境を整え、関係者を「その気」にさせたのか。「全員の成長と活躍」を目指し、成果を出すまでの3年の軌跡を明らかにする。

この記事の続き >>
・自己研鑽の時間を「働き方改革」で作り出す
・在宅勤務のトライアルを実施、杞憂に終わった不安と見えてきた課題
・課題解決のために、各種ツールの導入やさまざまな研修を実施
・「隗より始めよ」まずはやってみることが大切

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!