開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

e-Janネットワークス株式会社、株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/23
 製造業フジテックは“たった1日”でリモートワークを実現、何が良かったか?

製造業フジテックは“たった1日”でリモートワークを実現、何が良かったか?

新型コロナウイルス感染症の拡大によりデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが2年早まったと言われている。だがリモートワーク1つとってもみても、うまく導入できた会社とそうでない会社の差は歴然としている。この差が生じる理由はどこにあるのだろうか。たった1日でリモートワーク環境を実現したフジテック CIOの友岡賢二氏に、同社の取り組みと、製造業がDXに成功するために必要な考え方を聞いた。

IT部門が見落としがちなリモートワークユーザーの課題

 フジテックは、空間移動システムの専業メーカーだ。エレベーターやエスカレーターの研究開発や製造、据付、メンテナンス、修理、リニューアルを事業としている。製造現場、建設現場、保守現場という多様な現場を抱える同社では、各現場で仕事が完結するITツールとしてのリモートワーク環境をコロナ禍が本格化する以前から推進していた。

 オフィスワーカーの在宅勤務についても、CAD(コンピューター支援設計)のような高負荷・大容量データを自宅で行うには多くの支障があったが実行に移した。また、社員への在宅用PCの貸し出しやネットワークの増強といった取り組みに加えて、ヘッドセットや照明(USBリングライト)のIT標準品化といった他社の事例ではあまり見ない取り組みを行った。

画像
フジテック
常務執行役員
デジタルイノベーション本部 デジタルイノベーション本部長
友岡賢二氏

 フジテック 常務執行役員 デジタルイノベーション本部 デジタルイノベーション本部長の友岡賢二氏は、「緊急事態宣言中に、在宅勤務を自分自身で経験して、まず気づいたのは音声品質の重要性でした。状況を改善するため、業務用のヘッドセットを購入すると大きくストレスが減りました。また、オンライン会議の場合、室内の照明や窓の位置によって逆光になると、顔が暗くなり表情がよく見えません。大事なお客さまに与える印象を良くしたいと思い、照明を用意することにしたのです」と話す。

 端末やネットワークの準備を考えないIT部門は存在しないだろうが、ヘッドセットや照明のことまでを自部門の職掌として考慮するIT部門は珍しいのではないだろうか。ユーザーの立場になって考える、そうした一歩進んだ同社のリモートワーク移行の取り組みを解説する。

この記事の続き >>
・たった1日でリモート環境を実現、どのように進めた?
・社員の働き方に合わせた「通信環境」「SaaS」の整備とは
・「インターネットブレイクアウト」で実現するセキュリティ確保
・コロナ禍を乗り切るために考えるべきポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!