• 会員限定
  • 2023/09/28 掲載

「スマホ1台で完結する金融」、メガテックの“支配”は時間の問題か?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
窓口業務などの大幅縮小など、銀行がテクノロジーによって受けている影響は計り知れないものがあります。アップルやアマゾンなどのメガテックも相次いで新しい金融サービスを提供しています。いずれ銀行や証券、保険会社はなくなってしまう運命にあるのでしょうか。ここでは、山本康正氏が著書『世界最高峰の研究者たちが予測する未来』で考察したアップルの思惑・戦略を紹介しましょう。
執筆:米ベンチャー投資家 山本 康正

執筆:米ベンチャー投資家 山本 康正

1981年、大阪府生まれ。東京大学で修士号取得後、米ニューヨークの金融機関に就職。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。修士課程修了後グーグルに入社し、フィンテックや人工知能(AI)ほかで日本企業のデジタル活用を推進。日米のリーダー間にネットワークを構築するプログラム 「US Japan Leadership program」フェロー。自身がベンチャー投資家でありながら、日本企業へのアドバイスなども行う。京都大学大学院総合生存学館特任准教授も務める。著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社)、『2025年を制覇する破壊的企業』(SB新書)などがある。

photo
「スマホ1台で完結する人生」と「メガテック金融」
(Photo:Peace-loving / Shutterstock.com)

アップルが30秒で開設できるスマホ銀行をスタート

photo
『世界最高峰の研究者たちが予測する未来』
画像をクリックすると購入ページに移動します
 金融業界における大変動は、アップルが牽引しています。中でもいま最も注目すべきトピックは、2023年の4月17日からアメリカでサービスの提供をスタートした、アップル貯蓄銀行口座サービス。正式名称は「Apple Card Savings」です。

 インフレの傾向を反映して、金利は4.15%から開始。瞬く間にユーザーから支持され、サービススタートからわずか4日ほどで、預金額は約10億ドル近くを達成しました。

 そもそもアップルが金融サービスに参入したのは、今から10年ほど前の2014年、Apple Payを発表したときまでさかのぼります。Apple Payはいわゆる「〇〇ペイ」に近い存在ですから、スマホをかざすことで、決済ができます。

 しかし、こういった電子決済サービスに対応していない店も少なくない。そこで2019年、クレジットカードサービス、Apple Cardを発表します。2022年始めの時点での利用者は、およそ670万人という規模で、私もサービスローンチ後は、すぐに入会。アップルらしいデザイン性に富んだ、スマホではない、リアルなチタン製のカードが印象的です。

 そして今回、本丸とも言える金融事業、口座開設に踏み切りました。2023年前半に起きた、シリコンバレー銀行やファーストリパブリック銀行などの破綻の中、資金の移動先を考えていた人もいるでしょう。すでに大手に銀行口座を持っている人、特に大人たちは、他の金融サービスの利率なども考慮すると、金利に対してはそれほど敏感に反応しなかったかもしれません。

 一方で、若者は異なります。特に、アメリカの若者は日本とは異なり、学生ローンを組みながら学校に通っている人たちが大勢いますから、少しでも高い金利の口座に入れたくなるのが本音だからです。

 しかも、まだ銀行口座をそれほど持っていないであろう若者にとって、たった30秒で難しい審査など必要なく、スマホで簡便に口座が開設できることは、大きな魅力に映るはずです。

 なぜ、これまでの日本であれば数日かかる銀行口座の開設が、貯蓄口座とはいえわずか30秒でできるのか。

 それは、Apple Cardを持っていることが条件であるから。iPhoneというデバイスを介しているからです。

 スマホは個人情報の塊です。そのため、指紋認証などのセキュリティが施されており、誰がそのスマホを保有しているのかなど、個人認証の信頼性も極めて高い。クレジットカードという与信、スマホという高セキュリティなデバイス。この2つをかけ合わせることで、わずか30秒での貯蓄口座開設を可能にしているのです。

 申込者がすることは、日本で言うところのマイナンバーのような、ソーシャルセキュリティーナンバーを打ち込み、規約の同意ボタンを押すだけ。

画像
「クレジットカードという与信、スマホという高セキュリティなデバイス。この2つをかけ合わせることで、わずか30秒での貯蓄口座開設を可能にしているのです」
(Photo:Hadrian / Shutterstock.com)

 もうひとつ、特に若者がアップル銀行を支持する理由があります。一般的に銀行の各種サービスは、ウェブサイトなどにログインしないと情報が分かりません。

 しかし、アップル銀行の場合は、金利の振込などのお知らせをプッシュ通知でくれます。そのためユーザーは、面倒なログインをしなくとも、金利が入ってくることを確認できる。この手間の省略も、評価されている理由でしょう。

 そして、アップルがデザインしたUIがシンプルで使いやすい。特別なアプリをダウンロードすることなく、iOSに付帯。スマホ内のApple Cardに組み込まれ、ウォレットにも紐づいており、挙動もとてもスムーズです。 【次ページ】スマホ1台で完結、メガテックの「金融支配」は時間の問題

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます