• スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/10/28 掲載

7つのステップで理解する情報漏えい対策、トップから「うちは大丈夫か?」と言われないために

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2011年はあの企業が?と思うような大企業の情報漏えい事件が相次いだ。そのため、トップから「うちは大丈夫か?」と声をかけられた担当者も少なくないだろう。情報漏えいがもたらす損失は、今や多くの企業にとって無視できないほどのものとなりつつあるが、なぜ情報漏えいはなくならないのだろうか。日本企業のセキュリティ対策の最新動向とセキュリティの勘所について、セキュリティソリューションを数多く手がけるクオリティソフトのキーマン二人に話を聞いた。

人に依存した情報漏えい対策には限界

photo
クオリティソフト
ビジネス企画本部
アドバンスソリューション部
ドキュメントソリューション
スペシャリスト
秋子英明 氏
 情報の漏えいが企業に大きなダメージを与えることは、今やあらゆるビジネスパーソンが知るところだろう。そのため、多くの企業が情報漏えいを防ぐための手だてを考えているのも周知の事実だ。ところが、情報漏えいの事故が一向になくならないのはどういうわけだろう。これまでに数多くの企業のセキュリティ対策を手がけてきたクオリティソフト 秋子英明 氏は次のように説明する。

「今や多くの企業で、何かしらの情報漏えい対策を実施しています。にもかかわらず情報漏えい事故がなくならないのは、運用に問題があるからではないでしょうか。たとえば、ある企業では、機密情報の含まれたファイルのコピー・印刷はもちろん、メール添付も禁止し、さらにUSBメモリも使用不可という厳しい社内規則を設けています。ところが、それはシステムで強制されていません。また、どんな情報が機密なのかという定義が曖昧で、上長の判断に委ねられるケースも少なくありません。」(秋子氏)

 企業のセキュリティ対策はこれまで、性善説に立って社員への教育で現場に運用を委ねてきた。しかし、昨今の狡猾な攻撃は、悪意のない社員をねらい打ちし、やすやすと共犯者に仕立て上げてしまう。PCの脆弱性を突いて、トロイの木馬を仕込み、社内ネットワークで機密情報を漏えいさせる。では、企業はどうすればよいのだろうか。クオリティソフト 福田健太氏は次のように話す。

「人に依存した情報漏えい対策は今や限界を迎えている状況にあります。いかにシステムに実効性と強制力を持たせるのか、今企業のセキュリティ対策の焦点はそこに移っているのです。とはいえ、各社員の業務効率を落とすわけにはいかず、セキュリティと利便性のバランスに頭を悩ませているのが実情ではないでしょうか。」(福田氏)

このページのTOPへ


情報漏えい対策の7つのステップ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます