アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/12 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
コロナ禍を受けてビジネスのあり方や働き方が急速に変貌していく中、「デジタルデータ」「人・組織」「社会課題の解決」といった3つのキーワードを柱とするデータドリブン経営の体制を確立し、実践することが急務となっている。立教大学経営学部の佐々木宏教授が、データドリブン経営の勘所、それを支えるデータ分析人材の要件について解き明かす。

ポストコロナの時代、「データドリブン経営」を組織の中心に

 ポストコロナの時代をどのように捉えるべきか。我々は今、政治、経済、社会、環境、技術といったさまざまな次元で大きな課題に直面している。立教大学 経営学部 教授 キャリアセンター部長の佐々木宏氏は、「現在の複雑な状況下にあって、私たちは新しい世界に向かう分岐点にいるのではないでしょうか。豊かな世界に至るのか、あるいはカオスに陥ってしまうのか、今まさに瀬戸際にあると考えられます」と語る。

 この前提のもとで注目すべきが、デジタルデータの果たす役割だ。デジタルデータが人や組織や社会に大きなインパクトを与えているのは紛れもない事実であり、そうした中にあってデータドリブン経営の重要性が高まっている。

「企業や組織単位でデジタルデータをどのようにアレンジし、いかにしてビジネス上の価値を創造していくのか。さらにそれをどういった社会的価値に転換し、最終的にどのようにして豊かな世界に導くことができるのか――。組織的取り組みの中心にデータドリブン経営が位置付けられます」(佐々木教授)

 データドリブン経営とは、「デジタルデータを核としてさまざまな資源の統合管理を目指すもの」だという。環境変化に対し、組織内で繰り返し行われる行動パターンを掘り下げ強化する、あるいは資源を組み換えていく、そうしたケイパビリティ(組織能力)の向上に密接につながっていく。

この記事の続き >>
・DXを推進する力、ダイナミック・ケイパビリティとは何か
・データドリブン経営を阻む「組織慣性」をいかに克服するか
・テキストマイニングから明らかになった、必要とされるデータ分析人材

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​