• 会員限定
  • 2023/06/14 掲載

日本は駅近だけに価値集中…Luup岡井氏が語る「電動マイクロモビリティ」が解決策になる理由

Seizo Trend創刊記念インタビュー

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
鉄道網が張り巡らされ、タクシーやバスが走り回る日本は、移動手段に困らない社会に思える。しかし、「見落とされている“移動”の課題があります」と語るのが、電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを展開するLuupの代表取締役社長兼CEO岡井大輝氏だ。日本の交通インフラが抱える課題とは何か、またそれを解決する手段として、なぜ同社はわざわざ電動キックボードや電動アシスト自転車を選んだのか。Luupの代表取締役社長兼CEO岡井大輝氏に話を聞いた。
執筆:森口将之、編集:中澤智弥、写真:大参久人

執筆:森口将之、編集:中澤智弥、写真:大参久人

photo
Luup 代表取締役社長兼CEO
岡井大輝 氏
東京大学農学部卒業。戦略系コンサルティングファームにて上場企業のPMI、PEファンドのビジネスデューデリジェンスを主に担当。その後、Luupを創業。代表取締役社長兼CEOを務める。2019年5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心に、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的とする「マイクロモビリティ推進協議会」を設立し、会長に就任。

日本は「駅近」だけに価値が集中

 諸外国と比べたとき、日本の「ヒトの移動」を支えるインフラにはどのような特徴があるでしょうか。まず、都市部については世界的に見ても鉄道網が発達しており、駅を中心に街が発展してきた歴史があります。その結果、駅前に主要な不動産が集積する形となり、不動産価値も駅からの距離でほとんど決まるような状況です。

 一方で、駅から離れた郊外や田舎のエリアに関しては、街のインフラ整備が追い付かない状況になっています。それは、郊外・田舎エリアの人口減少が進む中で、バスやタクシーだけでなく、水道・電気・ガスなど、街のインフラを運営するためのコストが採算に合わなくなってきているためです。

 そうなれば、郊外・田舎エリアに住む人々は、利便性を求めさらに都市部に流入するようになります。もちろん、新型コロナウイルス感染症で一時的にその逆の動きも出てきましたが、現在は元に戻り、都市部への流入が増えています。

 これは東京などの都市部に限った話ではなくて、たとえば富山県なら富山市など、都市部に人が集中する傾向があるのです。このように都市集中が加速する中、駅周辺エリアの土地や物件は収容キャパを超えており、人であふれかえる状況になっています。

 そうなると、人々は地価や家賃の安い「駅と駅の中間」のエリアに住むようになっていきます。ただし、駅からの距離が遠くなるにつれて、当然ながら移動は不便になります。どこへ行くにも、歩くと意外と40~50分近くかかってしまうような距離です。この3~4km程度の距離の移動には、ちょうど良い公共交通手段もありません。とはいえ、ハードウェアが絡むような公共交通のアップデートは、瞬時には実現できません。つまり、日本はそうした「短距離の移動」に課題があると考えています。

photo
日本社会が抱える“移動”における課題について解説する岡井氏

なぜバス・タクシーは解決策にならないのか?

 短距離の移動の課題に対する解決手段となり得る存在として、今もタクシーやバスなどがあります。

 しかし、タクシーの場合は、人を1人運ぶにも常に運転手が1人必要になるため、運営コストを考慮すると、現在の水準以上は運賃が安くならないと考えています。タクシーの金額は、皆さんが毎日支払える金額ではありませんよね。その価格設定が日常生活の移動手段としてマスに浸透しきらない理由だと考えられます。

 また、バスも同じであり、1台のバスを運営するためにシフト制を組み、ドライバー数名体制で運営するのが一般的です。この事情を踏まえると、運賃はこれ以上安くならないほか、そもそも決められた区間を走るバスには移動の柔軟性がなく、短距離の移動における課題を解決するには最適とは言えません。

 そうした中、当社は短距離の移動の課題を解決するために、電動小型モビリティのシェアリングサービス『LUUP』を展開しています。展開しているモビリティの種類は、電動キックボードと電動アシスト自転車があります。

 ここで重要なのは、いずれも「1人乗り」のモビリティであるということです。これが、運営コストを最小限に抑え、多くの人が手軽に利用できる価格設定を実現するためのポイントになるわけです。

 とはいえ、シェアサイクリングは街で見かけることも増えました。そこで1人乗りであることと同じくらいに重要なのが、「車体サイズ」です。 【次ページ】Luupが「小型モビリティ」にこだわる納得の理由

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます