• 会員限定
  • 2023/07/13 掲載

ドコモ「EVバイクシェア」の勝算は? 電動キックボードLuupキラーとなれるか、新車両投入の思惑

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
全国各地で自転車シェアリングを展開しているNTTドコモグループのドコモ・バイクシェアが、5月29日、新たに電動3輪モビリティのシェアリングサービス「東京EVバイクシェア」を始めた。直近では、一定の基準を満たした電動キックボードなどが7月1日の改正道路交通法の施行によって16歳以上であれば運転免許がなくても乗れるようになり、利用のハードルが下がる中、運転免許が必要な“EVバイク”には勝算があるのだろうか。見え隠れする新車両投入の思惑とは。
モビリティジャーナリスト 森口 将之

モビリティジャーナリスト 森口 将之

1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社編集部を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。国内外の交通事情・都市事情を取材し、雑誌・テレビ、ラジオ・インターネット・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティやまちづくりの問題解決のためのリサーチ、コンサルティングを担当する。著書に『MaaSが地方を変える 地域交通を持続可能にする方法』『MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略』『これから始まる自動運転 社会はどうなる!?』『富山から拡がる交通革命』『パリ流環境社会への挑戦』など。

photo
ドコモ・バイクシェアが5月29日に開始した「東京EVバイクシェア」
(出典:「東京EVバイクシェア」公式HPより引用)

ドコモの自転車シェアリング事業、実は10年以上前から

 NTTドコモと言えば、多くの人が携帯電話キャリアの最大手として認識しているだろう。しかし最近は、自転車シェアリングの大手事業者としても知られるようになった。

画像
ドコモ・バイクシェアが提供するバイクシェアサービス。この赤い車両を街中で見たことがある人も多いだろう
(写真:筆者撮影)

 ドコモがこの事業に取り組み始めたのは2010年。フランスのパリで大規模な自転車シェアリング「ヴェリブ」が導入された3年後のことで、翌年まず神奈川県横浜市の「ベイバイク」として実証実験を開始。続いて東京都内のいくつかの区でも展開を始めると、拠点を増やすとともに本格サービスに移行していった。

 「ドコモ・バイクシェア」というNTTドコモから独立した法人の設立は2015年。翌年、それまで独立して運営してきた東京都内の都心4区の自転車シェアリングの相互乗り入れを実現した。

 現在は東京23区の半分以上にあたる15区のほか、大阪市や広島市など合わせて25地域で展開している。またサービスの運営は行わず、システム提供のみを行う事例もあり、北海道札幌市や石川県金沢市など24地域に提供。両方合わせると北は北海道から南は沖縄県まで進出している。

画像
ドコモ・バイクシェアがシステム提供する金沢市の公共シェアサイクルサービス「まちのり」
(写真:筆者撮影)

仕組みを知れば納得、そもそもなぜ通信会社が?

 自転車シェアの仕組みは、車両本体に通信、GPS、遠隔制御の機能をすべて搭載するというもの。車両を置くポート側の設備や導入コストを削減し、省スペースを実現したことが特色となっている。

 この説明でもお分かりのように、ドコモが自転車シェアに進出したのは、自前で通信ネットワークを持っていることが大きい。同じ携帯電話キャリア大手のソフトバンクも、グループ企業OpenStreetが「HELLO CYCLING」として全国展開しており、日本ではこの2つのサービスがツートップ状態になっている。

画像
「HELLO CYCLING」のシェアサイクルステーション
(出典:OpenStreet プレスリリース)
【次ページ】自動運転などモビリティの幅広げるドコモ、新車両投入の思惑とは?

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます