ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/11/15 掲載

Suicaあるのになぜ? 交通機関で「Visaタッチ決済」が増えているワケ、Visaに聞く狙い

連載:MaaS時代の明日の都市

記事をお気に入りリストに登録することができます。
最近テレビCMやニュース、街中で見かけることが多くなってきた、Visaカードのタッチ決済。駅などの交通機関でも使える場所が増えてきているが、大都市圏を中心にSuica(スイカ)をはじめとする交通系ICカードが普及している日本で、なぜVisaのタッチ決済の展開が進んでいるのだろうか。日本でこのサービスを展開しているビザ・ワールドワイド・ジャパンと、実際にVisaのタッチ決済を導入している北陸鉄道や京福バスら交通事業者に話を聞いた。

モビリティジャーナリスト 森口 将之

モビリティジャーナリスト 森口 将之

1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社編集部を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。国内外の交通事情・都市事情を取材し、雑誌・テレビ、ラジオ・インターネット・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティやまちづくりの問題解決のためのリサーチ、コンサルティングを担当する。著書に『MaaSが地方を変える 地域交通を持続可能にする方法』『MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略』『これから始まる自動運転 社会はどうなる!?』『富山から拡がる交通革命』『パリ流環境社会への挑戦』など。

画像
Visaのタッチ決済対応の改札機
(写真:筆者撮影)

交通機関で見かけるようになった「Visaのタッチ決済」

 筆者が初めて交通分野でVisaのタッチ決済に出会ったのは関西だった。大阪なんばから関西国際空港や高野山に向かう、南海電気鉄道の主要駅に用意されていた。その後九州に向かうと、福岡市の地下鉄や熊本市の路面電車などで、やはりVisaのタッチ決済が使えた。

画像
南海電鉄特急こうや号
(写真:筆者撮影)
画像
Visaのタッチ決済とタイアップした熊本市電のラッピング車両
(写真:筆者撮影)


 いずれも交通系ICカードとは別の端末が用意されていて、そこにカードをかざす方式。タッチ決済自体は商業施設などで試したことがあったので、スムーズに使うことができた。

 とはいえ、日本の都市圏ではSuica(スイカ)をはじめとする交通系ICカードが普及しており、東京などの大都市圏に暮らす人から見れば、新たなタッチ決済が必要なのかと思うかもしれない。そこで、日本でこのサービスを展開しているビザ・ワールドワイド・ジャパンと、北陸地方でキャッシュレス環境整備を進める北國銀行、交通事業者である石川県の北陸鉄道と福井県の京福バスに話を聞いた。

グローバルでは580都市に展開、日本には約10年前に上陸

 Visaでタッチ決済が始まったのは、グローバルでも2004年からで、さほど古いわけではない。最初に導入されたのは欧州で、その後アジア太平洋、北米へと浸透していった。

 日本へは10年ぐらい前に上陸しており、2022年6月末現在でタッチ決済対応カードは7970万枚、対応端末はすでに100万台を超えている。カードの5年での更新時は、タッチ決済対応カードへの切り替えのタイミングの1つであること、また、加盟店もタッチ決済対応端末を増やしていったことから、タッチ決済が急速に普及したという流れだそうだ。

 交通分野へは、ちょうど10年前の2012年にロンドンのバスに採用されたのが大きな契機となり、続いて同じロンドンの地下鉄やフェリーにも展開。現在はグローバルで約580都市が、鉄道やバスなどに導入している。

 日本では2020年、茨城県ひたちなか市および東海村と東京を結ぶ茨城交通の高速バスに初めて導入された。鉄道では同年、京都府北部を走る京都丹後鉄道に採用されたのが最初だ。

画像
高速バスに設置されたVisaのタッチ決済対応端末
(写真:筆者撮影)

 その後展開が進み、2021年6月時点では実証実験を含めて10路線だったものが、約1年後の2022年7月には29路線にまで増えている。

【次ページ】移動にクレジットカードタッチ決済、見えてきた効果

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます